Brompton (ブロンプトン) 用 チタン製 キックスタンドを購入 そのレビューとミノウラのスタンドとの比較も

ブロンプトン
スポンサーリンク

マイブロンプトンの記事でも紹介していたミノウラのスタンド。

Brompton (ブロンプトン) カスタム 改造 軽量化 考えてみたらマトモに紹介していなかった マイブロンプトン
ブロンプトンの記事10回目にして初のマイブロンプトンのお披露目記事。 今までブロンプトンの記事を書いてきておきながら、自分のブロンプトンについて殆ど書いてなかった事に気づきました。 やっぱりブロンプトンのカスタムって思いっきり個人の...

収まりも良く、扱いもしやすく堅牢なんですが、チタン製のスタンドを見た時からそれもずっと気になってたんですよね。

*2019年1月19日 新しい記事をアップしましたのでこちらも是非読んでみてください。*

Brompton (ブロンプトン) チタン キックスタンドの分解修理。まさか初期不良(組み上げ時ミス)だったなんて…
こんにちは、執事です。 ここで紹介したチタン製のブロンプトン用キックスタンド。 なんと、初期組み付け不良品でした。 コメントにて教えてくださった、アーチーモリス様、本当にありがとうございました。 *今回は特に...
スポンサーリンク

以前は高価で国内流通がなかったブロンプトンのチタン製スタンドが日本国内に

ブロンプトン Brompton カスタム 軽量化 パーツを安く購入する方法。
Myブロンプトンですが、もう、本当に乗る時間が取れずにいじってばかりになっています。 で、いじってばかりという事はそのパーツをどっかで入手したりするわけで。 *2018年12月12日追記あり* ブロンプトンの軽量化パーツ 軽...

この記事に書いた通り、最近はブロンプトン用チタン製スタンドの国内流通が増えてきました。

Amazon等でも取り扱いが始まっています。

色々出しているところがあってロゴなんかも違うのですが、基本的にモノは同じの様です。

スポンサーリンク

重量は88g?!ミノウラのスタンドの半分位の重さのスタンド

というわけで実際に購入してみました。

重量はカタログ値通り。
持ってみると本当に軽量。
ただ、バネの部分とスタンド根元辺りの勘合にわずかに隙間があって手で握って揺らすとちょっとだけガタがあるのが気になる…。

ちなみにミノウラのスタンドの重さはこちら。

重量だとチタン製の方が圧倒的に軽いですね。
73gも違うのは大きい。

 

スポンサーリンク

実際に取り付けた所をミノウラ製のスタンドと比較してみる

取り付けて上からみた時の画像。
上がこんかいのチタン製で下がミノウラ製。

このミノウラの圧倒的収まり感!!

畳んだ時の綺麗さは完全にミノウラが上ですね。

 

次にこれを立ててみると…

立てた所はそっくりに見えます。
あまり差は見受けられません。

ただ、荷物を載せたりしてブロンプトンの重量が増えた時が少し違いました。

チタン製のものはバネの撓みで重さの分だけ足が左側(ブロンプトンのフロント側)に少し出ます。
正確に言うと荷重分傾くのです。
これはamazonの購入者レビューにある画像を見た方が早いかもしれません。

反面、ミノウラのスタンドは微動だにしません。

*これは組み付け不良によって発生するものでした*

Brompton (ブロンプトン) チタン キックスタンドの分解修理。まさか初期不良(組み上げ時ミス)だったなんて…
こんにちは、執事です。 ここで紹介したチタン製のブロンプトン用キックスタンド。 なんと、初期組み付け不良品でした。 コメントにて教えてくださった、アーチーモリス様、本当にありがとうございました。 *今回は特に...
スポンサーリンク

チタン製スタンドとミノウラのスタンド取り付け時の張り出し具合の差

取り付け部の外への張り出し長を比べてみました。

上がチタン製スタンドで 約5.7cm

下がミノウラ製スタンドで 約6.5cm

根元の部分だけを見るとチタン製の方が張り出しが少ないです。

 

次にスタンド先端部分は…

もう、何というか比べるまでも無いのですが

このミノウラの圧倒的収まり感!!(二度目)

上チタン製の張り出しが 約7.7cm

下ミノウラ製の張り出しが 約3.4cm

チタン製の方は折り畳んだ時先端の方が少し外側を向いています。
それもあって収納時の見た目があまり良くない上に収まり寸法もわずかながら大きくなってしまっています。

ここがミノウラに近づいたら個人的には完璧なんですがね~。

ちなみに上の画像だとミノウラのスタンドの方が短く見えますが長さはあまり変わりません。
取り付け部から先端に向けて斜めになっているのでその分収まりが良くなっているだけです。

直角三角形の2:√3みたいになっていて、ほぼまっすぐなチタン製の方が2の長さ、斜めになっているミノウラが√3の長さになっている分短く見えています。(例えです。)

折り畳んだ時の全体像も比較してみると

なんだかチタン製の方は間の抜けた感じに見えてしまいますね。(個人の感想です)

こうやって改めて見ても、輪行袋に収める際や隅に置いておく時に干渉しそうに見えてしまいます。

スポンサーリンク

まとめ

見た目はちょっとアレですが、何より軽いですし買ってしまったのでしばらくこのまま使ってみようと思います。

ちなみに自分でミノウラに近づけてみようと思ってペンチや万力を使って挑戦してみましたが、全くビクともしませんでした。

取り付け部の金具も恐らくチタン製なのですが、かなり厚みがあり(ミノウラのステンレスの倍近い厚み)、硬かったので人力ではちょっと無理そうです。

このチタン製のスタンドの取り付け部分の金具の角度さえよければなぁ。

*2019年1月19日 新しい記事をアップしましたのでこちらも是非読んでみてください。*

Brompton (ブロンプトン) チタン キックスタンドの分解修理。まさか初期不良(組み上げ時ミス)だったなんて…
こんにちは、執事です。 ここで紹介したチタン製のブロンプトン用キックスタンド。 なんと、初期組み付け不良品でした。 コメントにて教えてくださった、アーチーモリス様、本当にありがとうございました。 *今回は特に...

*2019年3月7日 更なる改良*

ブロンプトン(Brompton)のチタン製キックスタンドの改良。折り畳み時の収まりをもっと良くする。
こんばんは、執事です。 以前の記事でブロンプトン用チタン製キックスタンドの分解補修方法を説明したのですが、構造的にまだ収まりを良くする事ができそうだったのでやってみました。 ブロンプトン用チタン製キックスタンドとは? 今回の対...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
ブロンプトン
スポンサーリンク
執事885をフォローする

Youtubeのチャンネル登録をすると記事になる前の動画アップロードが通知されるようになります。
Twitterのフォローをするとブログ更新の通知が流れる様になります。

885番目の執事(butler885)

コメント

  1. はじめまして。
    チタンのキックスタンド、購入を検討していたので参考になりました。
    私は最初Multi-S製のキックスタンドを使用していたのですが、場所が少しでも傾いているとすぐに倒れてしまうのでRidea製のスタンドを購入してみました。
    ですがこちらも安定性がイマイチ。(;;)
    支点の部分に遊びがあるので、本当にすぐ倒れます。
    色とデザインは気に入っているので使っているのですが、写真撮影などで立てた時にはいつ倒れないかとヒヤヒヤしています(^^;)
    ミノウラのスタンドは、畳んだ姿が美しいですね。
    購入しようかと思いましたが、Rideaのスタンドが高かったので少々勿体無い気がして躊躇しています。(^^;)

    これからも更新、楽しみにしています(^^)

    • コメントありがとうございます。
      ブロンプトンのスタンドはフロントに荷物があるとどうしてもバランスを崩しやすいですよね。
      本当は、nuvoやカモヤさんのスタンドの方がフロント積載時の安定性は少し高めだとは思うのですが、nuvoのはリアステーが変形する可能性がありますし、カモヤさんのは収まりがこれまたイマイチ。
      堅牢性と収納性、値段のバランスで言えばミノウラ一択かなぁ、とはおもいます。
      それと、応援ありがとうございます。
      これからも色々書いていきますね。

  2. はじめまして。
    当方もこのスタンドを使用しており、何故に余計に前に倒れこむような構造になっているのか謎でした。で、分解してみました。
    スプリングの上部にストッパーになるT字の金具が乗っておりこの形状がシンメトリーじゃ無い。これはもしや?と思いこの金具を前後反転させて組み付けました。
    これでガッチリ止まる様になり、跳ね上げ時もミノウラ製ほどではありませんが上方かつ内側にセットされるようになりました。多分これが正解だと思います。なんのことはない 工場での組み付けミスです。
    ネットで色々な画像を見比べて見たところ正常に組付けられてる製品もある模様。
    スタンドを出した時にガッチリ止まらないでさらに前に倒れこむ様な製品はこれで解決すると思います。
    作業は特に難しく有りません。お座り状態にして可動部のネジを外し中のスリーブを引き抜くとステーとバーが分離できます。スプリング上にあるt字型のストッパー金具を引き抜いて前後反転させて組み付けます。
    4㎜アーレンキー2本とラジオペンチが有れば作業できます。一度お試しあれ。

    これからも更新、楽しみにしています。

    • >アーチーモリス様

      コメントありがとうございます。

      >スプリングの上部にストッパーになるT字の金具が乗っておりこの形状がシンメトリーじゃ無い。これはもしや?と思いこの金具を前後反転させて組み付けました。

      ナント!
      いや、自分も構造が気になって、ボルトは外したんですけど、スプリングははずしたら戻せないかも?と思ってそこまでやらなかったんですよね。

      >作業は特に難しく有りません。お座り状態にして可動部のネジを外し中のスリーブを引き抜くとステーとバーが分離できます。スプリング上にあるt字型のストッパー金具を引き抜いて前後反転させて組み付けます。
      4㎜アーレンキー2本とラジオペンチが有れば作業できます。一度お試しあれ。

      やり方まで教えて下さりありがとうございます!
      ちょっとやってみます!!

タイトルとURLをコピーしました