PSO2 エレコム 24ボタン JC-DUX60BK のボタン基盤にワッシャを挟む修理処置。今度こそ完全補修!…か?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

・PSO2 ゲームパッドを24ボタンタイプにして、操作を3ボタン式にしたら世界が変わったお話。

・PSO2 3ボタンタイプ エレコム(ELECOM) ゲームパッド 24ボタン JC-DUX60BK の設定を紹介。

・PSO2 エレコム 24ボタン JC-DUX60BK の修理。やっぱり左アナログキーが誤入力頻発状態に!!

前回のアナログスティック基盤修理から調子が良かったのですが、また発生してしまいました、、、。

今度もアナログスティック左なのですが、上に入力している時、時々不意に左入力が入ってしまうカンジ。

エレコム ゲームパッド <DUX> USB 24ボタン MMO向け ブラック JC-DUX60BK
  • ELECOM(エレコム)
  • 価格:¥ 2,692  参考価格:¥ 9,580
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

↑こちらのレビューに「ワッシャーを基盤に挟む」事で今までの誤作動が嘘の様に治った、という記載があったので、それを参考に同じような処置を施したいと思います。

準備する部材はこちら

ホームセンターで入手できる内径2mmのばね座金です。
本当はばねワッシャではなくて普通のワッシャを探してみたのですが、そもそも内径2mmのワッシャ自体の種類がホームセンターでも少ない。
オマケに外径4mmとなると本当に選択肢がなかったので、今回はそのサイズに唯一適合するこちらのばね座金を購入。
ホームセンターで113円でした。

で、実際の手順ですが、

分解して、座金を設置する際に普通のスティックのりで構わないので、準備する事をオススメします。

座金は置くだけの為、そのままだとネジ留めする際に1個だけとか落っこちて

(#^ω^)ピキピキ

ってなってしまいます。

これを黒のネジ台座側にのりを塗ることで防ぎます。

まず、分解して最初に座金を設置した画像がこちら。

最初、レビューも参考にこの様に座金を設置しました。

しかし、この設置の仕方だと18、20辺りのボタンがスッカスカになって押せなくなってしまったので取りやめ。
おそらく、使ったのがばねワッシャである為に全部を固定するとボタン裏側と基盤の間に空間が空きすぎる為にそうなるものと思われます。

ちなみにボタン側基盤の画像がこちら。

シリコンゴムの見慣れたボタンのすぐ脇に4つづつ金属の接点がありますが、これが17-24までのボタンで、このボタンを押しボタン裏のプラ棒で押す事で反応する様になっています。
空いた空間に何か挟んで押せるようにしようかとも思ったのですが、割と簡素な作りで、ボタン裏プラ棒に何かくっつけたとしてもズレそうだったのでやめました。

で、結局は他のレビューにもあったこの配置を選択。

上の三箇所にのみ座金ワッシャを糊で貼り付けてネジ留めする事で対応。
この設置だとどのボタンもスカスカになったりせずにちゃんと押せました。

しかし、そもそもどうしてこの様な対応で誤反応を減らせるのかというと、どうもこの部分の接触不良が原因の様子。

青い矢印で指している部分なのですが、ここがワッシャを挟む前だと0.5mm程浮いて端子が覗いている状態になっていました。(画像はワッシャ処置後。)
このアナログスティック基盤を留めるネジを限界までネジこんでもこの隙間は埋まらなかったので、やっぱりそもそもの設計か製造工程に問題があるのだと思われます。

で、実際に作業した後、

見事に誤作動が消え去りました(´・ω…:.;::..サラサラ..

う~ん、これ実際にはアナログスティック基盤の変更より先に試した方がよかったかもしれません。
場合によってはこのワッシャ処置だけで修理できる可能性もありますね。

もし、JC-DUX60BKを補修しても使いたい場合はまずこちらの処置を試す事を改めてオススメしたいと思います。

・その他ウェブ・ガジェット関連記事一覧

・その他PSO2関連記事一覧

PS4でPCの操作感を。XIM APEX

スポンサーリンク
スポンサーリンク