Brompton (ブロンプトン) チタン キックスタンドの分解修理。まさか初期不良(組み上げ時ミス)だったなんて…

ブロンプトン
スポンサーリンク

こんにちは、執事です。

Brompton (ブロンプトン) 用 チタン製 キックスタンドを購入 そのレビューとミノウラのスタンドとの比較も
マイブロンプトンの記事でも紹介していたミノウラのスタンド。 収まりも良く、扱いもしやすく堅牢なんですが、チタン製のスタンドを見た時からそれもずっと気になってたんですよね。 *2019年1月19日 新しい記事をアップしまし...

ここで紹介したチタン製のブロンプトン用キックスタンド。

なんと、初期組み付け不良品でした。

コメントにて教えてくださった、アーチーモリス様、本当にありがとうございました。

*今回は特に画像多めなので、通信環境によっては表示までに少し時間がかかるかもしれません。*

スポンサーリンク

同型のブロンプトン用チタンキックスタンドを使用している人も是非確認を

 

そもそもどうしてこの事に気づいたのかというと、前述の通りコメントにてアーチーモリス様が教えて下さったからでした。

アーチーモリス

はじめまして。
当方もこのスタンドを使用しており、何故に余計に前に倒れこむような構造になっているのか謎でした。で、分解してみました。
スプリングの上部にストッパーになるT字の金具が乗っておりこの形状がシンメトリーじゃ無い。これはもしや?と思いこの金具を前後反転させて組み付けました。
これでガッチリ止まる様になり、跳ね上げ時もミノウラ製ほどではありませんが上方かつ内側にセットされるようになりました。多分これが正解だと思います。なんのことはない 工場での組み付けミスです。
ネットで色々な画像を見比べて見たところ正常に組付けられてる製品もある模様。
スタンドを出した時にガッチリ止まらないでさらに前に倒れこむ様な製品はこれで解決すると思います。
作業は特に難しく有りません。お座り状態にして可動部のネジを外し中のスリーブを引き抜くとステーとバーが分離できます。スプリング上にあるt字型のストッパー金具を引き抜いて前後反転させて組み付けます。
4㎜アーレンキー2本とラジオペンチが有れば作業できます。一度お試しあれ。

なんですと?!組み付けミスですとな?!

というわけで早速自分のスタンドも確認してみたのでした。

 

スポンサーリンク

チタンスタンドが組み付け不良か否かを一目で簡単に見分ける方法

今回の組み付け不良ですが、自分のチタンスタンドが組み付け不良なのかそうでないのかを一目で見分ける方法があります。

折り畳んだ際にこの様になっていれば正常

折り畳んだ際にこの様になっていたら組み付け不良です。

つまり、ブロンプトンをお座り状態にしてスタンドを折り畳んだ時に

真ん中の真鍮が飛び出していたら正常

真ん中の真鍮が引っ込んでいたら不良

という事ですね。

 

 

スポンサーリンク

チタン製キックスタンドを分解修理。その1 ネジの取り外しからスリーブ抜きまで

まず、バラす為に必要な工具を準備します。

次にスタンドのネジを取り外し…

その周囲を固定していたスリーブを…抜く……

このままでは抜けないので、一旦車体から外して、ペンチの取っ手側で押して…

…ここから抜けないので、最終兵器のM8六角レンチで押すと

上手にできました~!

 

スポンサーリンク

チタン製キックスタンドを分解修理。その2 中のT字真鍮金具の反転

さて、分解して中にある真鍮製のT字金具を抜いた所、この様に組み付けられていました。

T字金具は左右の長さが同じではなく、片側が少し長くなっています。
私の初期組み付け状態だと、左側(元がねに引っかかる側)に短い方がきていました。

 

これを反転させて…

左側(元がねに引っかかる側)に長い方が来るようにします。

 

そしてここから元に戻すのですが、バネの力が強く、両手だけではとてもスリーブを入れられないので、一旦ブロンプトンに元がねを組み付けます。

そしてスタンドの棒をぎゅっと押しつけてスリーブを入れるのですが、これがなかなか入らない…。

結局、

ブロンプトンを折り畳んでハンドル側を壁にピッタリつける。(この際、壁とブロの間にダンボールを挟むといいです)

スリーブを内側(ホイール側)から半分挿入した状態にする。

両手でスタンドを持って体重をかけて押すッ!

ある程度入った所で片手で把持し、スリーブをちょっと押し込む。

この手順でやっと入りました。

スポンサーリンク

チタンキックスタンドの分解補修前後の差異

では、スタンドの補修前と補修後の差を見てみましょう。

こちらは補修前のスタンドの折り畳み寸法

スタンド先端で見ると、ホイールから約7.7cmの張り出しでした。

 

そしてこちら、補修後の折り畳み寸法を見てみると

ホイールから約6.2cmのところまでスタンドが近づきました!!

その差なんと1.5cm!!

これは大きい!

ちなみに折り畳んだ状態の前後比較の画像がこちら。

補修前

補修後

明らかにホイール側に近づいていますね!

ミノウラのスタンドと同じ様に、床側(折り畳み時)により近づいているのがわかります。

参考画像:ミノウラのスタンド折り畳み時

つまり今までは、折り畳んだ際にT字金具の長い方が引っかかって、ちゃんと最後まで折り畳めていなかったわけですね。
反対に、スタンドを立てた時はT字金具の短い方がストッパーまで届いておらず、隙間があった為に、荷重がかかると少し動いていたわけです。

 

*2019年1月27日追記*

正常な状態で横から見ると、この角度までスタンドが上がります。

 

スポンサーリンク

まとめ

今回の分解修理によって、荷重がかかると少し”ぐにゃ”っとなっていたのがなくなっていました。

amazonのレビューにあった

均衡が崩れた途端2枚目の写真のようにスタンドがぐにょっと前向けにへたって車体を支えられなくなります。

この症状の原因はおそらくこの初期組み付け不良です。

これが修正されれば、重量、収納時の収まり、堅牢さ、値段を考えて現状最も値段と性能のバランスがいいブロンプトン用キックスタンドです。

割と本気でそう思います。

実際にやってみると、工具があれば比較的簡単にできる補修、修理なので同じ症状が出ている方は是非試してみてください。

実は以前、Multi-Sのスタンドも使った事があるのですが、こちらは折り畳んだ時の収まりがホイールに対してほぼ完全な平行な形でした。
その為、補修前”チタンスタンドと同じ位外に張り出したので途中で使わなくなりました。

そういった経緯もあったので、

「そろそろミノウラに戻そうかなぁ」

と思っていた所にコメントを頂けたのでとても嬉しかったです。

教えてくださったアーチーモリス様、本当にありがとうございました!

*2019年3月7日 更なる改良*

ブロンプトン(Brompton)のチタン製キックスタンドの改良。折り畳み時の収まりをもっと良くする。
こんばんは、執事です。 以前の記事でブロンプトン用チタン製キックスタンドの分解補修方法を説明したのですが、構造的にまだ収まりを良くする事ができそうだったのでやってみました。 ブロンプトン用チタン製キックスタンドとは? 今回の対...

コメント

  1. このスタンドについてAmazonにぐにょっとするレビューを書いたものです。
    たまたま購入履歴から久々にページを開いたところレビューを目にしまして、自分のものも分解してみました。ご指摘の通りうちのT字部品も裏返しで、組み直した後はとても快適です。有用なレビューをどうもありがとうございました。

    最近のレビューを読むと、このメーカーは組み付けミスを防ぐよう工程を見直すのではなく、収納時に出っ張るのを承知でT字部品を左右対称に変更したみたいですね。さすが中国、対応が予想の斜め上を行きます。

    • コメントありがとうございます。
      折角の良い製品がちゃんとした機能を発揮できないのは勿体無いですよね。
      それにしても、まさか対応品の「対応」がそういう意味とは^^;
      ですが、記事がお役に立てたのなら幸いです。

Amazonプライム会員のススメ!

Amazonプライム会員特典
・お急ぎ便で送料無料
・プライムビデオで対象アニメ,映画,TVが見放題
・プライムリーディングで対象の本が見放題
・Photosで”無制限の”フォトストレージ利用可
・ワードローブで服、バッグ、シューズ、腕時計を試着可(返送無料)

タイトルとURLをコピーしました