UMIDIGI F1とUMIDIGI F1 PlayとUMIDIGI S3 Proの比較 コスパと性能バランスが抜群のスマートフォン

スマートフォン
スポンサーリンク

こんばんは、執事です。

今回は性能とコストパフォーマンスが高い次元で実現されたスマホ3種について。

どれもUMIDIGIという中国のメーカーが作ったものなのですが、価格が2万円台全半から3万円台前半でありながらどれも同じ価格帯ではまず実現が難しいレベルの性能をしているのです。

おまけに全機種3.5mmのヘッドホンジャックも標準装備しているという有線イヤホン使いには嬉しい仕様。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

以下本文

UMIDIGI F1 メモリ4GB、ストレージ128GB、デュアルロットSIM、バッテリ容量5150mAh

今amazonでも購入できて実際に商品が届くのがこちら。

UMIDIGI F1という機種なのですが、

Soc(CPU):Helio P60(Snapdragon 660相当)
メモリ:4GB
ストレージ:128GB
バッテリー容量:5150mAh
充電:USB TYPE-C 18W高速充電
カメラ:16MP+800MPデュアルカメラ
指紋認証:有
画面:水滴型ノッチのFHD2340x1080大画面
サイズ:高さ:156.9mm 横幅:74.3mm 厚さ:8.8mm
対応バンド:3G: WCDMA 1/2/4/5/6/8/19
4G: FDD-LTE 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28/34/38/39/40/41
wifi:IEEE802.11 a/b/g/n
重量:186g

基本的にミドルクラスならこれでいいんじゃないかと思える性能。
あえて欠点をあげるなら、デュアルSIMが排他式でトリプルスロットではない所くらい。
ただそれも本体のストレージが128GBある事を考えると、そこまで大きな問題ではないかもしれません。
それが実売2万円とちょっとの破格の値段で購入できます。
また、OSもピュアandroid9.0そのままなので、面倒な中華アプリ等もありません。
バンドもdocomoのバンド6やバンド19にも対応しているので山間部でも安心。
ただ、auのバンドも記載はありますが、公式的にはauは対応していない、との事。

UMIDIGI F1 Play メモリ6GB、ストレージ64GB、デュアルロットSIM、バッテリ容量5150mAh

外観的にはF1と変わりがありません。

Soc(CPU):Helio P60(Snapdragon 660相当)
メモリ:6GB
ストレージ:64GB
バッテリー容量:5150mAh
充電:USB TYPE-C 18W高速充電
カメラ:48MP+800MPデュアルカメラ
指紋認証:有
画面:水滴型ノッチのFHD2340x1080大画面
サイズ:高さ:156.9mm 横幅:74.3mm 厚さ:8.8mm
対応バンド:3G: WCDMA 1/2/4/5/6/8/19
4G: FDD-LTE 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28/34/38/39/40/41
wifi:IEEE802.11 a/b/g/n
重量:193g

F1と比べると、メモリが4GBから6GBにアップし、替わりにストレージが128GBから64GBに減少。
カメラが16MP+8MPから48MP+8MPに性能アップしています。
金額としては3000円程度アップしますが、動作速度の上昇に寄与するメモリ容量のアップとカメラ性能のアップに3000円と考えればそこまで大きな金額上昇ではない気もします。
半分になったストレージは残念ではありますが、考えてみると他のミドル~ハイエンド機でも64GBというのはありますしね。

UMIDIGI S3 Pro メモリ6GB、ストレージ128GB、デュアルロットSIM、バッテリ容量5150mAh

UMIDIGI S3 Pro SIMフリースマートフォン Android 9.0 48MP+12MP デュアルアウトカメラ 20MPインカメラ 5150mAh大容量バッテリー 128GB ROM + 6GB RAM 6.3インチ FHD+大画面 ノッチ付きディスプレイ Helio P70オクタコア18W高速充電 顔認証 指紋認証 技適認証予定 au不可
UMIDIGI
デュアルSIM(SD排他仕様)ですが、DSDV(4GLTE,4GLTE同時待受け)、HelioP70(snapdragon660相当)、6GBメモリ、128GBストレージ、バッテリ容量5150mAh、純正android 9.0仕様(中華アプリ無し)、外カメラ4800万画素+1200万画素(ソニー製)、内カメラ2000万画素(ソニー製)、USB TYPE-C、指紋認証に加え、ドコモのバンド6(5に内包)、バンド19に対応しています。wi-fi は802.11 a/b/g/n/acで、性能からすれば破格の値段です。

こちらは実質ハイエンドに近い性能のもの。

Soc(CPU):Helio P70(Snapdragon 660~670の中間相当)
メモリ:6GB
ストレージ:128GB
バッテリー容量:5150mAh
充電:USB TYPE-C 18W高速充電
カメラ:48MP+12MPデュアルカメラ
指紋認証:有
画面:水滴型ノッチのFHD2340x1080大画面
サイズ:高さ:157mm 横幅:74.65mm 厚さ:8.5mm
対応バンド:3G: WCDMA 1/2/4/5/6/8/19
4G: FDD-LTE 1/2/3/4/5/7/8/12/13/17/18/19/20/25/26/28/34/38/39/40/41
wifi:IEEE802.11 a/b/g/n/ac
重量:216g

サイズが高さで0.1mm、横幅で0.35mmほど大きくなりますが、厚みが0.3mm薄く。
まぁ、誤差に近い範囲ですが。
ただ重さは素材の違いもあって30g程重くなります。
スペックアップの内容もF1とF1 Playのいいとこ取りして重くなっただけのように思われそうですが、F1 や F1 Playと比較して大きく変わるのがwifiの速度。
ここはカタログでは色々ありましたが、結局acまで対応し”実測”300Mbの速度が出るのは間違いない様子。
Socのマイナーアップデートとwifiでの通信速度UP、サムスン製48MPからソニー製48MPのカメラになった事が値段差として一番出ているものと思われます。
確かにF1やF1Playの値段から比べると高く感じるところですが、これだけの性能で3万台前半の値段は、やはり驚異的なコストパフォーマンスと言わざるをえません。

まとめ

Asus Zenfone Max Pro (M2) ZB631KLの性能 欲しい!…欲しくない? 2019年3月31日追記あり
こんにちは、執事です。 ここ数日の間、ある物の手入れに忙しくてブログの更新が出来ておりませんでした。 そのある物はまた別途記事にするとして、今回はスマートフォンのお話を。 実は今使用しているMoto Zシリーズを購入する時...

この時に購入しようかと思ったzenfon max pro M2が、

Zenfone Max Pro(M2)の悲劇。これ、不具合じゃなくて出荷機種の間違いだよね。→工場組立段階の組付けパーツのミスでした。2019年4月2日追記あり
*4月2日 zenfone max pro m2の不具合に関する問い合わせ先を追記しました。* こんにちは、執事です。 こちらの記事でも書いていたZenfone Max Pro(M2)なのですが、amaz...

盛大に返品祭りを開催する事になった為に代替機種を探していた所、これらの機種を見つけました。

そしてそこにamazonのタイムセール

2019年3月30日 (土)9:00〜4月1日(月)23:59 迄 amazon タイムセール祭り開催です
おはようございます、執事です。 今月も月末恒例のamazonタイムセール祭りが開催されます。 ただ、今回は開催期間が少し長くなっています。 今までは午後の6時(18:00~)の開催になっていましたが、今回は朝の9時から開催...

もあったので、注文してみました。

F1 Playと S3 Proがまだ発売日前なのでそれらも揃い次第、ちょっとしたレビューもしてみようと思っています。

スポンサーリンク
amazon 商品検索

スマートフォン
執事885をフォローする

Youtubeのチャンネル登録をすると記事になる前の動画アップロードが通知されるようになります。
Twitterのフォローをするとブログ更新の通知が流れる様になります。

885番目の執事

コメント

タイトルとURLをコピーしました