2018年6月でサポート終了するPebble Time Steelの後継機種、乗り換え先を探してみる。→その2 Fitbit versaだと?!

スマートウォッチ
スポンサーリンク

Pebble シリーズの後継機種についての記事その2

前回の記事内に於いて、

スポンサーリンク

amazfit bip

をPebble time steelの乗り換え先にしようかなと思ったわけですが、やっぱり同じ様な事を考えている方は既に多数いらっしゃる様子でありまして。

いくつかのブログを拝見させて頂いた中でも、こちらの御二方の記事が大変参考になりました。

 

・Till0196のぼーびろく:コスパ&電池持ちが最強なAmazfit Bip買ってみた

 

をぢの日記:【レビュー】Xiaomi Huami Amazfit BipはPebble Timeの夢を見るか

 

特に前者のTill0196さんは、Google+にamazfit のコミュニティも作られていて、精力的に活動されている様子。

色々な情報を色々な人が持ち寄る場所ですので、amazfitシリーズの購入者の助けになりそうですね。

 

さて、そんなカンジで自分もamazfit bipを購入しようと思っていたのですが、そこにコヤツが割り込んで来たのです。

スポンサーリンク

Fitbit versa

Fitbit versa公式

何コレPebble?!バンド径も22mmでPebbleのバンドを流用可能ですって?!

日本で購入するととんでもなく高いけど、Fitibit公式からなら価格が$199.95で、$50以上の注文で送料無料だから、為替とかも考えても22,000円程度で購入可能。アメリカのamazonだと送料分がプラスされて25,000円位かな?

……。

Pebbleユーザーが$50安く購入する権利 Ionicじゃなくてこっちにしてくれませんかね?

っていうか、こんなにPebbleに寄せた商品を出すんだったら、

ほぼ完成していたPebble time2にFitbitのロゴ入れて売っとけばよかったじゃん。(暴論)

いや、まぁ割と本音だったりはするんですけどね。

スポンサーリンク

まとめ

しかし、こんなのを見ると自分の理想とするスマートウォッチは

駆動期間が45日になったPebble time2

なのだと今更ながらに痛感してしまいます。

 

…あぁ、そうだ…そうなのだ…

 

amazfitにPebbleのファームウェアを入れればいいんじゃないかな?!ァ’`,、(。∀ ゚)’`,、’`,、(錯乱)

スポンサーリンク
amazon 商品検索

スマートウォッチ
スポンサーリンク
執事885をフォローする

Youtubeのチャンネル登録をすると記事になる前の動画アップロードが通知されるようになります。
Twitterのフォローをするとブログ更新の通知が流れる様になります。

885番目の執事(butler885)

コメント

タイトルとURLをコピーしました