2018年6月でサポート終了するPebble Time Steelの後継機種、乗り換え先を探してみる。→その9 Pebbeアプリのver.4.4.2への更新を行う

スマートウォッチ
スポンサーリンク

前回の記事↓

・2018年6月でサポート終了するPebble Time Steelの後継機種、乗り換え先を探してみる。→その8 RebbleにPebbleアカウントを紐付けておく

スポンサーリンク
スポンサーリンク

以下本文

前回記事内で、6月30日以降もPebbleを使い続けたい方達向けにRebbleアカウントの登録をお勧めしていました。

そんな中Pebbleのクライアントアプリのアップデートが新しく出たとの噂を聞いて確認してみました。

すると、確かに新しいアプリバージョンが出ていました。

この様に、App Ver.4.4.2が来ていました。
(前までは4.4.1。上記画像は更新した後にPebbleアプリを開いた時のものです。)

ただ、これはPebbleアプリ内の

Help→上記画面→CHECK FOR UPDATES

からではアップデートできませんでした。

ですので、androidならGoogle PlayからPebbleアプリの更新をしなければなりません。
(ひょっとしたらもうすぐPebbleサーバーが止まってしまうからこういう形なのかも。)

実際に今日の午後3:00頃にGoogle Playに確認しに行ったらこうなってました。

「DOWNLOAD」の部分が「更新」になってますね。

 

で、実際にどんな更新があってるのかの画面がこちら。

この更新は、3rdパーティーが運営するサーバー(rebble.ioの様な)へのサービスの移行をより簡単にし、また、あなたのペブルをクラウドサービス無しに使用する為の変更を含みます。

この文から、Rebbleはfitbitが認定した3rdパーティーサービスとなった事がわかります。

また、


2018年6月30日より、Pebbleのクラウドサービスは利用できなくなります。
我々は、Pebble smart watchで蓄積された資産を保存し、rebble.ioの様な3rdパーティーデベロッパーが提供する新たな別のサービスを利用できる様にする為にandroidのアプリを更新しました。
詳細については、https://dev.fitbit.com/blog/2018-01-24-pebble-support/を確認してください。

という表記から、

fitbit社はrebble.ioを3rdパーティーのサービスとしながらも、事実上Pebbleの後釜として公式に認めた

形にも取れますね。

こちらのアプリにはrebble.ioの様に6月30日迄に~、といった表記はないですが、特に理由もないなら早めにアップデートをしておいた方が良い様な気もします。

さて、実際のところはまだまだわかりませんが…

fitbit支援3rdパーティ製 Pebble Time2が来る可能性が微レ存?!(; ・`ω・´)

スポンサーリンク
amazon 商品検索

スマートウォッチ
執事885をフォローする

Youtubeのチャンネル登録をすると記事になる前の動画アップロードが通知されるようになります。
Twitterのフォローをするとブログ更新の通知が流れる様になります。

885番目の執事

コメント

タイトルとURLをコピーしました