Brompton (ブロンプトン)のホローテック2化 ブロンプトン純正54tクランクとの重量比較も

スポンサーリンク
ブロンプトンの記事10回目にして初のマイブロンプトンのお披露目記事。 今までブロンプトンの記事を書いてきておきながら、自分のブロンプトンに...

クランクの説明をしていた時に書いていましたが、自分のブロンプトンはFC6750アルテグラのコンパクトクランクです。

ブロンプトンのホローテック化をするとチェーンリングの選択肢が増えるのがいいですね。

…。

「PCD110という時点で選択肢が狭まってる」

っていうのは言いっこなしで!

ブロンプトン純正54tのクランクセットの重量も量って比較してみます。




以下本文

今使っているFC6750アルテグラとストロングライト48tセットの重量は?

まず、使用しているFC6750クランクからストロングライトのチェーンリング、カバーまで画像で。

FC6750 右クランク:334g
FC6750 左クランク:199g
ストロングライト48t:83g
チェーンリングカバー:73g
チェーンリングボルト:10g

重量:699g

これに左クランクキャップ10g程とBB9000の65g程を含めると

合計重量:774g

流石のアルテグラ!

軽いですね。

チェーンリングカバーについては

ブロンプトンの記事10回目にして初のマイブロンプトンのお披露目記事。 今までブロンプトンの記事を書いてきておきながら、自分のブロンプトンに...

↑でも説明していましたが、

ギヤリングカバー HC-354 5ピン PCD110mm 50〜48T用

を加工したものです。

実測73gと堅牢な割に軽量に仕上がってます。

ブロンプトン純正54tのクランクセットの重量は?

ブロンプトン純正 右クランク 54tリング付:453g
ブロンプトン純正 左クランク:206g
チタン製スクエアテーパーBB:151g
チタン製ワンキーリリースフィキシングボルト:21g

合計重量:831g

手持ちの

チタン製BB

チタン製フィキシングボルト

これらが軽量なので合計してもアルテグラと57gしか変わりません。

仮に純正BBにした場合の重さは241gなので100g位重くなります。

フィキシングボルトはあまり重さは変わりません。

純正も結構軽量に出来ているのがわかりますね。

まとめ

ブロンプトンのホローテック化の利点は重量の軽さもさることながら、その回転のスムースさと剛性の高さによるペダリングへの影響も大きいです。

やっぱり圧倒的にペダリングが楽になります。

しかし、現在のギア設定では楽すぎて48tでは平地でかなり足が余ってしまいます。

ブロンプトンの記事10回目にして初のマイブロンプトンのお披露目記事。 今までブロンプトンの記事を書いてきておきながら、自分のブロンプトンに...

ここで書いていた50tと52tのクランクを早く試してみたいッ!



気に入って頂けましたら、いいね!してもらえると喜びます。ヽ(•̀ω•́ )ノ✧

シェアする