PSO2サポーターズリンク/PSO2ブログ巡回屋
PSO2ブログ巡回屋
↓よかったらランキングクリックをお願い致します!

BROOKS (ブルックス) CAMBIUM (カンビウム) ALL WEATHER C17 CARVED サドル リクセン化! サドルを簡易リアキャリアに。

はい、みんな大好きリクセン化の記事です。

、、、。

タイトル通りです、はい。

私、ヴァクセンにリアキャリアつけてみるその1 その2とか書いてましたけど。

実は自転車をあんまりゴテゴテとさせたくない人なんだとヴァクセンにリアキャリアつけた後に気づいたのです。

でも、やっぱり自転車の積載能力を上げたい部分もあるわけで。

この記事みたいに、前後自由積載運用はとっても便利だと体感しているので。

ただ、

RIXEN&KAUL(リクセン&カウル) エクステンダー CK810
  • RIXEN&KAUL(リクセン&カウル)
  • 価格:¥ 3,970
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

このエクステンダーには折り畳み自転車に向かない弱点があるのです。

それは、
折り畳む際にシートポストを完全に下げる事ができなくなる。

という点。

では、折り畳んでもリクセンが干渉しない様にするにはどうすればいい?
サドルをリクセン化すればいい!!(暴挙

まず、リクセンカウルのマウント機能の後付元となるサドルは、英国が誇る老舗皮革サドルメーカー「BROOKS ENGLAND」、、、の天然ゴムサドル。

BROOKS(ブルックス) Cambium C17 All Weather カンビウム オール ウェザーサドル (ブラック)
  • 価格:¥ 18,700
  • 販売者 Global Hospitality Japan☆米国より迅速発送!安心、丁寧な対応をお約束します☆
クリックして今すぐチェック

この中の一番安価なラインであるBROOKS CAMBIUM All weather C17 CARVEDです。

一番安価とは言えど、定価で税込み14000円近くする高価なサドル。

なんでこれを選んだかというと、ブルックスのカンビウムシリーズの乗り心地に惚れ込んでしまったのと、全天候型の雨で濡れても全然おっけーな点。

それと、全部真っ黒な色味によるシックな雰囲気が気に入ったからです。

、、、他に比べれば安いし?


——*2018年4月17日追記*——–

どうにも日本では定価以上でしか販売していないとこばかりみたいなので安価で販売しているトコのリンクを貼っておきます。

Brooks england Cambium C17 Carved All Wheather

為替にもよりますが、ここなら一万円程度で購入できます。

リンク先の画像が間違っていますがちゃんと商品は届きます。

実際の商品はこの記事のアイキャッチ画像と同じ真っ黒なサドルです。

それと、Wiggle ウイグルの方も貼っておきます。

———-———-———-———-

で、リクセン化する為に必要なリクセンのアタッチメント。

今回はキャディーを使います。

RIXEN&KAUL(リクセン&カウル) キャディー KR851
  • RIXEN&KAUL(リクセン&カウル)
  • 価格:¥ 3,306
  • 販売者 Amazon.co.jp
クリックして今すぐチェック

それと、ホームセンターで手に入る横長のL字金具。

ハイロジック ジョイント 黒 27A10-4
  • ハイロジック
  • 価格:¥ 800
  • 販売者 syo+ 全国どこでも送料無料♪
クリックして今すぐチェック

あとは固定の為のタイラップ。



この辺が材料。

まずは、タイラップを使ってL字金具をサドルに固定していきます。











ここまで固定したら、大体しっかりつきます。

次にキャディを付属品で取り付けします。








ってなカンジです。

画像ばっかりでかなり端折っていますが、許してたもれ。

さて、そんな中でもキャディがついている画像をよ~く見ると、最初の準備品の中に含まれていないものが挟まっているのに気づかれると思います。

それは、このプラスチック板です。


・レベルスペーサー S-2

Amazonだと商品そのものの取り扱いがないですね。

ハッキリ言って通販では入手性が悪いので、ホームセンターで購入した方がいいと思います。 一個辺り2~30円程度で購入できますので。

これを挟まないと、キャディの付属のネジがきちんと締められません。

こんなカンジで完成しました画像が、、、、

あ、撮り忘れた( ゚д゚)!!

2018.3.12追記
撮り忘れていた完成実装画像がこちら。



ブルックスでこれを行うと大体これくらいの空間がサドル後方~下方にできます。



接写するとこんな感じです。タイラップも三重にしています。



後方からブルックスのマークもきちんと見えます。



輪行カバーやチェーンを取り付けた状態でサドルを一番下に下げても干渉しません。



後ろから見るとこういう感じです。 積載重量は恐らく5kg程度かなと思っています。

タイラップのみでの固定なので、どうしても重量による縦揺れが発生します。

あまり重いものを積載すると乗り心地にも影響が出てくると思います。

ですが、ちょっとした荷物程度なら十分積載可能なので重宝しています。(財布や携帯を入れたバッグ等。)

重いものはフロントキャリアブロックを使えばいいですしね。

・その他の自転車関係記事一覧


Wiggle 海外直購入で自転車用品を安価に購入



PSO2サポーターズリンク/PSO2ブログ巡回屋
PSO2ブログ巡回屋
↓よかったらランキングクリックをお願い致します!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク