ブロンプトン(Brompton)外装10速、ディスクブレーキ、フルチタン、S10R-X完成! ステッカーも自作して通称は… フルチタンをイチから組む その16

5.0
執事プトン 折り畳み 左側面ブロンプトン

こんにちは、執事です。

ブロンプトン外装10速、ディスクブレーキ、フルチタン仕様

が遂に完成しました。

モデル名称としては、

S10R-X Butler-885

といったトコロでしょうか。

スポンサーリンク

フルチタンを組み上げるに至った経緯について

そもそも、このフルチタンを作成するにあたって、当初は、

黒+赤の差し色=TYPE-J9 グリフォン ブロンプトン

にするか、

青の差し色=Mobius1ブロンプトン

のどちらにするかで迷っていました。(昨年11月時点)

 

このステム交換↓で、チタン製Sステムをチタン製Mステム(黒)に交換して、

ブロンプトン(Brompton)のステムを新型チタン製Mステムに交換。チタン製Sステムとの比較も
こんにちは、執事です。 やってしまいました。 ついつい買っちゃいました。 ブロンプトンの新型Mステム。 と、言っても、正確には ブロンプトン”用”の、新型チタン製Mステムなんですけどね。 新しく購入した新型チ...

 

この後にカーボン製Mハンドルも導入したのですが、

ブロンプトン(Brompton)のハンドルをカーボン製Mハンドルに換装する
こんばんは、執事です。 前回Mステムに交換した際、準備していたカーボンミニライズMハンドルが使えなかったので、 ブロンプトンに使えそうなMハンドルをamazonで購入したのですが、 台風の影響もあって届くの...

もしこれがイマイチだったら、黒のチタン製Mステムを余剰パーツとして、TYPE-J9グリフォンブロンプトンを組み上げていたと思います。

ですが、M2L-Xがいい感じのポタリング仕様になったので、チタン製Sステムが余剰パーツとなって、そこからフレームが…。

いや、しかし、パーツからフレームが生えるってホントにある事なんですなぁ…(‘A`)

スポンサーリンク

仕上げのステッカーを自作する。通称は「執事プトン」

モチーフは前述の通り考えていたものの、今回組み上げたフルチタンの中で使っている純正パーツは

・サドル

・サスペンションブロック

この2つのみ。

というか、そもそもメインフレームがブロンプトン純正じゃない時点でステッカー記載がそのままブロンプトンなのはちょっと憚られます。(個人の考えです)

かといって、Mobius1をそのまま入れてしまうのも違う気がするし。

(元はF-22ラプターの異次元高機動機体)

その後色々考えて、決めた通称は

執事プトン

でも、ステッカーの見た目がブロンプトンと何の関連性もなくなると寂しいから、表記は英語で。

そして、モチーフとなったMobius1の意匠も入れて、

ブロンプトン(Brompton)自作ステッカー 執事プトン

こんな風に作成しました。

久しぶりにフォトショ使ったら、使い方を忘れてて時間かかった…(´・ω・`)

使ったステッカー素材はこちらです。

エーワン 屋外でも使えるラベル インクジェット 光沢フィルム 透明 3セット 32005
エーワン(A-one)
光沢フィルム・透明 印刷用透明フィルムラベル+保護用透明フィルムラベル/材質:ポリエステルフィルム/標準総厚み:0,16mm/ラベル厚み:0.11mm/保護フィルム厚み: 0.1mm

貼り付けると、

Brompton 自作ステッカー 執事プトン ロゴ

ブロンプトン Brompton 自作ステッカー 執事885

こんな風になります。

耐紫外線保護フィルム(UVカット保護カバー)の影響で、透明部分がちょっと青っぽくなりますが、差し色が青なので、これはこれでアリかな。

尚、自分でもステッカーを作ってみたいけど、よくワカラン!って人は

↑こういうサービスを利用するのもテです。

スポンサーリンク

完成した執事プトンの全容

展開時車体左側面

執事プトン 左側面

 

展開時車体右側面

執事プトン 右側面

 

お座り時車体左側面

執事プトン お座り 左側面

 

お座り時車体右側面

執事プトン お座り 右側面

 

折り畳み時車体左側面

執事プトン 折り畳み 左側面

 

折り畳み時車体右側面

執事プトン 折り畳み 右側面

 

折り畳み時車体正面

執事プトン 折り畳み 正面

 

折り畳み時車体後方

執事プトン 折り畳み 後方

 

スポンサーリンク

一部変更、追加したパーツについて

前回の記事

ブロンプトン(Brompton)フルチタンの折り畳み高さを改善する ついでにサドルをリクセン化! フルチタンをイチから組む その15
こんばんは、執事です。 前回、折り畳み時の幅を改善したフルチタンブロンプトン。 今度は折り畳み時の高さを改善していきます。 フルチタンブロンプトンの高さを改善(低く)する やる事は実にシンプルなのですが、 ...

から一部パーツを変更しました。

まずは折り畳みクランプ。

これに磁石が入ったブルーのもの。(チタンには磁石がつかないので磁石に意味はないですが。)

TYPE-J9にするならこっちから赤を購入してました。

US .17 |Aluminium Alloy Bike Magnetic Bicycle Hinge Clamp Lev er Plate Set for Brompton|Seatposts Clamps| - AliExpress
Smarter Shopping, Better Living! Aliexpress.com

 

次に追加したのがこちらの画像にある3点。

執事プトン リアキャリア

リアキャリア用バンドに荷物の積載自由度の高いロックストラップを。

これはめちゃめちゃ便利なストラップです。

純正ブロでリアキャリアを使っている人にもおススメしたい程。

使ってみたらわかりますが、どんな形の荷物でも簡単、強固に固定できるので、一回使ってしまうと他の荷物用バンドに戻れなくなります。

リアライトは、CATEYEのRAPID3 AUTO TL-AU630にしました。

これは単三乾電池一本で運用できるのがいいですね。

また、反射材代わりに3M 反射テープ 赤 RP25 REDも貼り付けています。

単なるシールに見えますが、反射性能がめっちゃ高いです。

スポンサーリンク

まとめと重量

最終的な重量は、

フルチタン執事プトン S10R-X Butler-885 重量10.33kg

10.33kg

ロックストラップRAPID3 AUTO TL-AU630の追加で、前回の計量よりもちょっと重くなりました。

フル装備としてはそれなりに軽量に出来上がったかな?

でも、CHPT3 V2の重量が10.48kgなので、泥除けやリアキャリアを考えると結構軽いと言えるかも。

ちなみにここまでにかかった金額をざっくり計算してみた所、そのCHPT3 V2の値段をちょっと下回るくらいでしたとさ。

今回購入、使用したパーツ

・磁石付ヒンジクランプレバー

・ロックストラップ

・RAPID3 AUTO TL-AU630

・3M 反射テープ 赤 RP25 RED

リアキャリアの利便性について

前の記事

ブロンプトン(Brompton)フルチタンの折り畳み高さを改善する ついでにサドルをリクセン化! フルチタンをイチから組む その15
こんばんは、執事です。 前回、折り畳み時の幅を改善したフルチタンブロンプトン。 今度は折り畳み時の高さを改善していきます。 フルチタンブロンプトンの高さを改善(低く)する やる事は実にシンプルなのですが、 ...

次の記事

ブロンプトン(Brompton) フルチタンブロンプトンを軽量化! 執事プトンを軽くする フルチタンをイチから組む その17 追記あり
こんばんは、執事です。 前回の竈門神社の一件から、 執事プトンのダイエットを本格的に考えねば、不意の持ち運びに耐えられないと悟り、軽量化をはかる事にしました。 *2020年4月16日RD変速不具合動画、変速改善動画...

コメント

タイトルとURLをコピーしました