UMIDIGI A5pro 実機レビュー 安価高性能スマホの決定版 UMIDIGI F1と比較 fomasimも使えます

umidigi a5pro umidigi f1 表示比較 スマートフォン,MVNO
スポンサーリンク

こんにちは、執事です。

UMIDIGI A5proの性能 期間限定で1万円以下で購入できるスマートフォン 子供のみまもり携帯にも
こんにちは、執事です。 今回は、コストパフォーマンスが異常とも言えるUMIDIGIから新たに発売されるUMIDIGI A5proについて。 今まで紹介してきたUMIDIGIのスマートフォン UMIDIGI F1 ...

この記事で紹介していたumidigi A5proが届きました。

今回、黒とブルーを両方とも購入したのですが、まず黒が届いたのでそちらでレビューします。

スポンサーリンク

UMIDIGI A5pro 実機と内容物について

umidigi a5pro 内容物

内容物は以上の通り。

今回もUMIDIGIおなじみの初期フィルム貼付け済み、ケース同梱です。

また、今回は中国のUMIDIGIから購入したにも関わらず、電源プラグが

umidigi a5pro 電源プラグ

この様に日本、USタイプになっていました。

こういった変換プラグを別途購入する必要がないのはありがたいですね。

また、見えていませんが、simスロットピンもちゃんと付属しています。

simスロットはトリプルスロットという事で、

umidigi a5pro simトレイ

この様な形状をしています。

長い

スポンサーリンク

UMIDIGI A5pro 外観について 充電はmicrousbタイプ イヤホンジャック有り

それでは、umidigi a5pro の外観を見ていきたいと思います。

表面

umidigi a5pro 表面

側面

umidigi a5pro 側面

背面

umidigi a5pro 背面

今まで、UMIDIGI F1 F1play S3pro と購入してきましたが、

UMIDIGI S3pro 実機レビュー wifiはac対応?! UMIDIGI F1とのひかくも FOMAsimについての追記あり
こんにちは、執事です。 この時にF1やF1 Playとの性能比較表を基にした記事を書いていましたが、 Umidigi S3proの実機が届いたので、自分が気になっていた部分を中心にレビューしていきたいと思います。 ...
UMIDIGI F1play 実機レビュー UMIDIGI F1とUMIDIGI S3proとのひかく FOMAsimについても
こんにちは、執事です。 今日はUMIDIGI F1playの実機レビューを。 と、いっても他のユーチューバーさんとかが沢山レビューはあげてくださっているので、 と同じ様に重さ、カメラ外観、wifi速度についてを中心に。...

正直言って外観だけで言えば一番スマートでカッコイイです。(主観)

裏面もガラスなのですが、S3proの鏡面セラミックよりも指紋がつきにくい印象。

側面はシルバーカラーになっていて、全体の外観が締まって見えます。

そして、ちょっと驚いたのノッチの小ささ。

umidigi a5pro umidigi f1 ノッチサイズ比較

左がumidigi A5 proで右がumidigi F1。

F1よりも更にノッチが小さくなって、ほぼカメラのレンズサイズのノッチになっています。

ちなみに充電は、

umidigi a5pro microusb

micirousb充電で、最近流行りのTYPE-Cではありません。

しかし、ある程度の急速充電5V2A(10W)に対応しているので、充電速度に大きな不満は出ないと思います。

また、イヤホンジャックも搭載しているので、有線イヤホン派の人にとってはありがたいところ。

スポンサーリンク

UMIDIGI A5pro 重量について

実機重量の計測も行います。

まず、カバーなし

umidigi a5pro 重量

カバーなし、フィルム有(最初から貼り付けてある)で206g

カタログ上の重さが203gなので、フィルムを考えればほぼカタログ通りの重量。

続いて付属のカバー装着時の重さ。

umidigi a5pro 重量カバーあり

カバー装着状態で225g

カバーの重量は19gと結構軽量に出来ているのですが、合計重量で見ると重い方ですね。

バッテリーが4150mAhと一般的なスマホよりは大きくなっているのと、背面がガラスなのが影響しているのだと思います。

ただ、F1と比べると横幅が僅かに広いのですが、そのおかげかF1より手に馴染む持ち心地。

持ってみた重さについては、実重量ほど重くは感じない印象でした。

スポンサーリンク

UMIDIGI A5pro カメラの出っ張りについて

今回はトリプルカメラとなっていて、カメラ性能も16M+8M+5M(深度測定用)と結構高性能なので高さが出ています。

umidigi a5pro カメラ横から(カバーなし)

ですが、今回も付属のカバーをつけることで、

umidigi a5pro カメラ横から(カバーあり)

この様に出っ張りをカバーして傷がつくことを防げるようになっています。

ただ、カバー自体は嬉しい配慮なのですが、今回はデザインがいいので全部隠してしまうのがちょっと勿体無い気もしたり…。

スポンサーリンク

UMIDIGI A5pro  UMIDIGI F1 AntutuでSocの性能比較 おまけでOneplu7(無印)も

今回のumidigi A5proのSocはHelioP23というミドルクラスのもの。

「そこまで性能は高くない」

と聞いていたのですが、

umidigi a5pro umidigi f1 oneplus7(無印)antutu 比較

左:A5pro  真ん中:F1 右:Oneplus7(無印)

A5proの性能が思いの外高め。
確かにF1(Helio P60)と比べればその性能は6割程度なのですが、snapdragon比較でいくと627~630の間くらいの性能なので決して低いわけではありません。

オマケの右側のOneplus7(無印)はゲーム用(主ににゃんことメルクストーリアと消滅都市)に購入したのですが、現状最高性能のsnapdragon855機種なので流石に性能はズバ抜けています。

ちなみにOneplus7(無印)もfomasimで通信できる事は確認しました。

スポンサーリンク

UMIDIGI A5pro UMIDIGI F1 wifi速度比較

umidigi a5pro umidigi f1 wifi速度比較

なんか、F1が以前より早くなってる気が…。

UMIDIGI S3pro 実機レビュー wifiはac対応?! UMIDIGI F1とのひかくも FOMAsimについての追記あり
こんにちは、執事です。 この時にF1やF1 Playとの性能比較表を基にした記事を書いていましたが、 Umidigi S3proの実機が届いたので、自分が気になっていた部分を中心にレビューしていきたいと思います。 ...

この後、何回かスコアを計測しましたが、A5proがアップロード100Mbpsを超える事はありませんでした。
時間帯もあるかもしれませんが、wifiはカタログ通り802.11 a/b/g/nまでの対応と考えて間違いなさそうです。

それにしてもF1のwifiの速度がumidigi S3proと同じくac対応クラスまで上がってるのはアップデートの影響か何かなのかな?

スポンサーリンク

UMIDIGI A5pro fomasimが使える事を確認

今回もfomasimの通信ができるかを確認してみました。

SIMトレイに番号が振っていなかったので、以下の様に装着。

umidigi a5pro simトレイにfomasim装着

fomasim(水色)が一番端に来る様にしたところ、sim1:fomasimで認識されました。

そして、入れるだけで

umidigi a5pro fomasim 4gvolte確認

SMSでDocomoから通信可能になった事が通知され、この様に問題なくfomasimの電波を掴みました。

また、通信SIM側はAPN設定が全くなかったので、mineoのAPNを入力したところ、いきなりVOLTE接続の文字が。

なんと、A5proはAPN設定をするだけで、他に特段の設定をすることなくVOLTE接続で繋がる様子。

そういえばHelioP23は、世界初のデュアルSIM/デュアル4G VoLTE/ViLTEに対応したSocでしたね。

スポンサーリンク

まとめ

とりあえず、ファーストレビューといった感じ。

ですが、外観、質感、性能、値段、どれをとっても割と高いレベルでまとまっている良機種だと思いました。

背面ガラスの黒、側面シルバーの色あわせは個人的にかなり好みです。

後は、

UMIDIGI A5proの性能 期間限定で1万円以下で購入できるスマートフォン 子供のみまもり携帯にも
こんにちは、執事です。 今回は、コストパフォーマンスが異常とも言えるUMIDIGIから新たに発売されるUMIDIGI A5proについて。 今まで紹介してきたUMIDIGIのスマートフォン UMIDIGI F1 ...

↑この記事で書いた様に、

LINEモバイルなんかで最安値のsim契約をすれば、通話もできてGPSで場所を確認できる立派なみまもりケータイが完成します。

ピュアandroid9.0で最新ですし、仮に壊れてもそこまで高くない値段のおかげで買いなおしし易いのもいいですね。

Oneplus 7 (GM1900) Dual SIM 256GB+8GB RAM (Mirror Grey/ミラーグレー) SIMフリー 6.41インチ AMOLED 19.5:9大画面(2340 x 1080)
Oneplus
現状最高Socであるsnapdragon855搭載、8GBのRAM、256GBのストレージがありながら実売6万を切る異常コスパ機種。ゲームするならこれ買っとけば間違いないです。
スポンサーリンク
amazon 商品検索

スマートフォン,MVNO
スポンサーリンク
執事885をフォローする

Youtubeのチャンネル登録をすると記事になる前の動画アップロードが通知されるようになります。
Twitterのフォローをするとブログ更新の通知が流れる様になります。

885番目の執事(butler885)

コメント

タイトルとURLをコピーしました