ブロンプトン(Brompton)ディスクブレーキ仕様ホイールセット 16インチ(349)用リムテープも装着 フルチタンをイチから組む その6

ブロンプトン ディスクブレーキ仕様ホイールセットブロンプトン
スポンサーリンク

こんにちは、執事です。

今回はフルチタンブロンプトンのディスクブレーキ仕様のホイールセットについて。

昨年から組んでいるフルチタンブロンプトンですが、パーツを探して集めるのがなかなか大変で、このディスク仕様ホイール探しに最も手間取りました。

また、ブロンプトンのホイール(16インチ349サイズ)に使えるリムテープについても記述します。

スポンサーリンク

ブロンプトンディスクブレーキ仕様ホイールセット

購入したのはこちら。

http://s.click.aliexpress.com/e/_cnKWPs

このセラーはとても親切で、

ブロンプトン ディスクホイールセット オーダー時やり取り

こんな感じでメッセージを送った所(ホントはもうちょっと長くやりとりしてます)、丁寧に対応してくれました。

そして送られて来たホイールは、

ブロンプトン ディスクブレーキ仕様ホイールセット

アイキャッチにもあるこちらのホイールです。(ハブエンドの色は特に指定してなかったですが、赤から黒になっていました。)

 

スポンサーリンク

ブロンプトンディスクブレーキ仕様ホイール 前輪 OLD100mm

ブロンプトンディスクブレーキ仕様ホイール 前輪ハブ

ハブはこんな形。

ストレートプルスポークで色は全部黒です。

 

ハブエンド部分は、

ブロンプトンディスクブレーキ仕様ホイール 前輪ハブアスクル1

キャップの様にはまっているだけでメンテナンスは非常にやりやすくなっています。

 

重さは、

ブロンプトンディスクブレーキ仕様ホイール 前輪重量510g

510gでちょっと重いかな?といったトコロ。

 

スポンサーリンク

ブロンプトンディスクブレーキ仕様ホイール 後輪 OLD135mm

ブロンプトンディスクブレーキ仕様ホイール 後輪ハブ OLD135mm

後輪はこんな形状。

ハブは何の工具も使わずに、

ブロンプトンディスクブレーキ仕様ホイール 後輪ハブアスクル1

ブロンプトンディスクブレーキ仕様ホイール 後輪ハブアスクル2

ブロンプトンディスクブレーキ仕様ホイール 後輪ハブアスクル3

ブロンプトンディスクブレーキ仕様ホイール 後輪ハブアスクル4 フリー

ここまで簡単にバラせるので、これまたメンテナンスがラクな仕様。

ちなみに他の中華ハブと変わらずラチェットは爆音仕様。

まぁ、後でラチェットの板バネを少し調整してグリスを盛れば少しは静かになる、、、といいなぁ。

 

後輪の重量は、

ブロンプトンディスクブレーキ仕様ホイール 後輪重量600g

600gほど。

 

スポンサーリンク

ブロンプトンディスクブレーキ仕様ホイール リム幅について

前述の通りメッセージで349リムでホイール組みを依頼したら追加料金なしでホイールを組んでくれました。

 


追記

http://s.click.aliexpress.com/e/_c30Cg2

私のオーダー後にこれと同じホイールセットを販売するようにしてくれたみたいです。

アメリカンクラシックハブのバージョンも追加されています。

アメクラハブ版の金額も30000円位。

このセラーホントスゴい!


 

で、そのリム幅がこちら。

ブロンプトンディスクブレーキ仕様ホイール リム外幅18mm

外幅が19mmでかなり細いです。

バルブは仏式で穴を自力拡張して米式にするには向いてなさげ。

 

ブロンプトンディスクブレーキ仕様ホイール リム内幅13.5mm

リムの内幅は13mm

こちらも細いですが、32-349サイズのタイヤくらいまでは普通に使えると思います。

 

スポンサーリンク

16インチ 349に使えるリムテープについて

今回使ったリムテープはこちら。

ブロンプトン 16インチ(349)ホイール用リムテープ HE18×15 パナレーサーpoly-lite

パナレーサー リムテープ Poly-Lite H/E 18×15mm ポリウレタン PL1815
パナレーサー(Panaracer)
bridy(bd-1)にも使われる18インチ355サイズ用ですが、16インチ349ホイールにも問題なく使用可能。2本入りです。

 

で、このリムテープを、

ブロンプトンディスクブレーキ仕様ホイール リムテープ装着 その1

こんな風にチューブバルブ穴にM5六角レンチを入れて固定して、、

 

ブロンプトンディスクブレーキ仕様ホイール リムテープ装着その2

完成。

最後に入れ込む時にセンターラインからズレますが、ズレた所はきちんと真ん中に寄せておいた方がいいです。

内幅13mmで狭いホイールですが、全てをきちんと入れ込むと幅もピッタリに収まりました。

スポンサーリンク

まとめ

16インチ349サイズのホイールセットはまだあるものの、その上にフロント100mm、リア135mmでディスクブレーキ仕様となると、世界中探してもほぼ見当たりませんでした。

bd-1(birdy)用のディスクブレーキ仕様のホイールセットならいくつかあったので、途中で18インチ355サイズにしようかと思った位。

ですが、そうするとタイヤに18インチ355コジャックを選択しない限り、確実にフェンダーを取り付けられなくなるのがわかっていたので見送りました。

使ってみたいタイヤもありましたし。

結局、セミオーダーでの発注になりましたが、21000円程度で上記ホイールセットを購入できたのは僥倖でした。

メッセージに快く返信してくれて、迅速に組んで送ってくれたJAVA GIANT FOURIERS TSUNAMI BIKE Storeにはとても感謝しています。

今回購入したパーツ

・16インチ349サイズ ディスクブレーキ仕様ホイールセット

・パナレーサー リムテープ Poly-Lite H/E 18×15mm ポリウレタン PL1815

前の記事

ブロンプトン(Brompton)リアヒンジピボットの取り付け手順と部品のサイズ フルチタンをイチから組む その5
こんにちは、執事です。 今回の記事は前回の続きです。 前回 ブロンプトン チタン製メインフレームにリアフレームを取り付ける その1 リアヒンジピボット取り付けに必要なもの リアンヒンジピボット周辺は基本的にショップに...

次の記事

自転車のタイヤビードを簡単に上げるコツと方法を図解 ブロンプトン(Brompton)用ホイールに超硬いタイヤを取り付ける フルチタンをイチから組む その7
自転車のタイヤビードを簡単に上げるコツと方法を図解 タイヤビードを簡単にはめる

コメント