2018年6月でサポート終了するPebble Time Steelの後継機種、乗り換え先を探してみる。→その10 6月30日経過後のPebbeについて

スマートウォッチ
スポンサーリンク

さて、fitbitのアナウンスに従って、6月30日に停止が宣言されていたPebbleサーバー。

それに備えて色々とブログで書いてきました。

で、実際にどうなったかというと…

スポンサーリンク

2018年6月30日経過後のPebbleの状況

なんかまだPebbleサーバーにアクセスできちゃうみたいで…。

サーバー停める停める詐欺かなんかだったんですか?!゚ヾ(´A`)ノ゚。

当然というか何というか、天気系のウォッチフェイス関連も全て正常に起動中。

特段の不具合なども感じられません、、、。

今までの私の焦りとかけた時間はどうなるのッ!?゚。。゚ヽ(゚`Д´゚)ノ゚。

いや、まぁ、正直言ってある意味一番嬉しい結果ではあるから構わないんですけどね。

それに、7月2日時点でまだ稼動しているとは言えど、正式なサポート期限が切れたサーバーがいつまで稼動するかは誰にもわからないわけですし。

スポンサーリンク

まとめ

とりあえず、前回の記事のアップデートによってPebbleのスタンドアローン性能は補完された様子ですし、rebble.ioへの移行の過渡期として正式サポートではないけどサーバーが動いているだけ、の状態なのかなと推測しています。

ちなみに、rebble.ioのページも更新されていました。

まぁ、無事に使えそうなので買い増ししようか悩むなぁ…。

Pebble Time Steel Smartwatch for Apple/Android Devices - Black 並行輸入品
Pebble Technology Corp
バッテリー長持ちで、必要な機能が高度にまとまっています。未だに使い勝手では最高峰のスマートウォッチです

とりあえず様子見ですかね。

スポンサーリンク
amazon 商品検索

スマートウォッチ
スポンサーリンク
執事885をフォローする

Youtubeのチャンネル登録をすると記事になる前の動画アップロードが通知されるようになります。
Twitterのフォローをするとブログ更新の通知が流れる様になります。

885番目の執事(butler885)

コメント

タイトルとURLをコピーしました