ブロンプトン(Brompton)のLフック(フェンダー仕様)を社外品に変更。フレームへの傷防止とわずかながらの軽量化を!

スポンサーリンク

久々のブロンプトンネタです。

ま、忙しくて乗れてないんですけどね(`‐ω‐´)




以下本文

そういう時は、

「ドっ、ドっ、ドラムかん‥‥‥。おっ、おっ、おす、おす‥‥。」

おっと、なにやらノイズが、、、。

パーツ交換をします。

パーツ交換をします!

今日のネタはこっち!
AliExpress.com Product – ACE folding Bicycle Fork Hook Ultra-light alloy L Type Used For Brompton Folding Bike BMX Parts 13g

これのEタイプ(フェンダーなし)のものはローロとかでも見かけます。

けれど、Lタイプ(フェンダーあり)のものは国内では見かけません。

現状、日本の販売店では見つけられませんでした。


追記

2018.8.27現在だと日本のamazonでも取り扱いがある様子です。


実際の画像。

黒をチョイスしてみました。


純正との比較その1


純正との比較その2


純正との比較その3

全体を通して見ると、純正は無骨な印象で、この商品はなんだか曲線も多くてスマートな印象を受けます。

続いて重量の比較。


純正よりもこの商品の方がわずかながら軽量ですね。
まぁカタログ値が13gとの事でこの位は誤差でしょうか?

で、実際の実装ですが、この部分を取り外して…


この裏の部分のボルトをアーレンキーで取り外すだけです。
フェンダーは着けっぱなしでちょっと広げてあげれば作業は可能です。

で、実装した画像がこちら。




こんなカンジ。

これに交換するついでに今まで引っ掛ける部分に巻いていた保護材をとっぱらいました。
純正と違って結構綺麗にフレームにフィットするので傷はつかなさそうですしね。

AliExpress.com Product – ACE folding Bicycle Fork Hook Ultra-light alloy L Type Used For Brompton Folding Bike BMX Parts 13g というわけで、ブロンプトンLタイプ用軽量フレームフックのご紹介でした。

それにしても、なかなか乗れない、、乗りたいのに乗れない、、、。

一体何故なのか…。

おいには原因のいっちょんわからんど(・´ω・`)ゞ・゚

・その他の自転車関係記事一覧


Wiggle 海外直購入で自転車用品を安価に購入