SNSフォローボタン

フォローする

まぁ、予定調和なわけです

シェアする

スポンサーリンク

ttp://www.hokkaido-np.co.jp/news/international/355203.html
これは北海道新聞の記事ですが、ロシアの大統領にプーチン氏が再び当選されました。

わかってはいましたが、こっから北方領土は基本的に還ってこないどころか、北海道が日本であり続けられるかを心配するべきかもしれません。

新配備される日本の10式もありますが(輸送に関しては大分よくなりそうですけどね。)

どっちかっていうと、90式の方が対ソ連(当時)を想定されて作られてたような…。

さておき、あのだだっ広い北海道では、制空権取る>揚陸で陸戦装備運び込む>物量戦の流れになると、防衛線も張れずにあっという間にロシア領になることでしょう。

困りましたね。

仮に、仮に北方四島の返還交渉をプー様大統領就任後に継続して行った場合、プー様が出してくる話は、十中八九こうなります。

北方領土返還について、2島は返すかもしれない、但し、ガス田開発については共同開発としろ。 それが飲めないなら中国と開発するし、2島返還するかもしれないの話もなしだ。 4島?ありえない。 我がロシアの言う「引き分け」とは、こういう事だ。 これ以上の譲歩はありえない。

ってカンジでしょうか。
もっと怖いのは、ロシアの大統領任期が2008年の法改正から4年>6年になった事。

それにより、プー様独裁体制がこれから少なくとも20年近くは堅いだろうという事。

なんせ、もう大統領なんですから。 首相時代の様なリップサービスも必要なくなりますもん。
過去の「ベレンコ中尉亡命事件」の時の様に、さっくり進入されたりしない事を祈ります。 (っていっても、これによって、F-4のルックダウン能力のなさが問題として取り上げられるキッカケになったのだから、戦時進入でなかった事は不幸中の幸いだったのかもしんないけど。)
まぁ、民主党のアホっぷりは(このままいってしまうと、ですが…)2014年まで発揮される可能性があります。

でもとりあえず、あと1年我慢すれば?あれ?

でも今年にすっげぃムカつくことがあるかもしれない。

こないだの時事の谷垣、野田会談の飛ばしの報道はその布石、、とも言えるかもしんない。

この報道の時に出てた「解散の約束を取り付けたから、民主、自民で増税に関して歩調を合わせる様に密約ができた」っていうマスコミのシナリオ作成と、増税後に衆議院解散が成されなかった場合の責任を自民党になすりつけるための下準備?

増税後の世論を誘導し易い様にこういうクソシナリオを作ったわけですね、わかります。

解散したら民主党は本当に悪かった、解散しなかったら自民党がしっかりしないから、ってしたいんですね。

マスコミさんもいい加減にしとかないと、2年後、そして5~6年過ぎたら地獄見るのはあなた達ですよ? いや、まぁ、それももうある程度は決まってるんだけどさ…。

これから楽に生きられる人っていうのは、お金を持ってるかどうかでは決まっていかない。

で、楽に生きられる人っていうのは精神的な意味で成熟している人間。

子供でもそういう子が増えて来る。

まるで大人みたいな子供が。

ってか、もう出てきてるけどさ。

そして、こういった精神的に落ち着いた層が膨れ上がっていきます。

これから大体、、、そうね、7年くらいかけてかな。

そうなれないまま、以前と変わらない価値観に囚われ続ける人達は、完全に2極化していきます。
「自分ばっかいい」って生き方は自分を壊しちゃいますよ?

例え2極化の上の方になったとしてもね。

わかってる人はわかってるんでしょうけどね。

私以上にそれを認識してる人もまた、たくさんいるみたいですし。

そういう人達は、そういう価値観に囚われ続ける人達には、何を言ってもわからん事をわかっているから言わないだけで。

こういう余計な事を言っちゃう私みたいなのは、一種の変人みたいなものなんですよ、えぇ。

 変人なんだけどさw



気に入って頂けましたら、いいね!してもらえると喜びます。ヽ(•̀ω•́ )ノ✧

シェアする

フォローする