にゃんこ大戦争 新たなGoogle Play Points(グーグルプレイポイント)の使い道! 一番お得なのはどれ?

にゃんこ大戦争 google playpoints 使い道一覧 その他ゲーム
スポンサーリンク

こんばんは、執事です。

今回は、新しく導入されたにゃんこ大戦争へのGoogle play pointsの使い道について。

にゃんこ大戦争内でいきなり案内が飛んできたので面食らいましたが、Google play pointsでネコ缶が直接購入できるようになった様子。

スポンサーリンク

Google play pointsとは?

そもそもの話として、Google Play Pointsとはなんぞや?という方もいらっしゃるかもしれません。

iphoneユーザーは全くその恩恵にあずかれないのですが、androidユーザーには、Googleアプリのサービスとして、課金の一部がポイントでバックされるシステムがあります。

以前、これについて記事も書きました。

課金者に朗報?! Google Play内コンテンツの課金にポイントが付与される様に! Googleが日本でのみ限定開始するGoogle Play Pointsについて
Google Playが決済額に応じてポイントを付与する新サービス“Google Play Points”を発表!ポイントを貯めれば『モンスト』のオーブとも引き替え可能 ファミ通の記事より というわけで、Googleが新たに日本のG...

大体、100円に対して1ポイントなのですが、一定条件を満たすとそのレートが最大100円:2ptにまで上がり、課金クーポンなんかも配布されたりします。

また、期間限定で100円:3~5ptのレートになったりする事も。

今回はにゃんこ大戦争に、そんな感じで貯めたポイントで直接ネコ缶を購入する方法が追加されたわけですね。

スポンサーリンク

Google Play points の基本的な使い道

にゃんこに実装された使い道の説明の前に、基本的なポイントの使い道がこちら。

Google play points 基本的な使い道

溜まったポイント1=1円の価値のクレジットとして交換が可能。

当然交換レートは1:1なので、そこまでお得というわけでもありません。

反面、全てのGoogle Play アプリ上で利用できる汎用性の高さは一番です。

にゃんこ大戦争も今回のネコ缶直接交換のちょっと前に

・900クレジット(900円):450ポイント(基本レートの2倍)

・2400クレジット(2400円):960ポイント(基本レートの2.5倍)

の二つの交換方法が実装されましたが、それ以前はGoogle Playクレジットへの交換しか還元方法がありませんでした。

スポンサーリンク

新たに実装された「ネコ缶をGoogle Play Pointで入手」の内容について

にゃんこ大戦争 google playpoints 使い道一覧

前述したクレジット交換2種以外のネコ缶について、上から順に改めて見てみましょう。

  • ネコカン50個:100ポイント
  • ネコカン160個:300ポイント
  • ネコカン500個:800ポイント
  • ネコカン1600個:2000ポイント

仮に1ポイント1円と仮定した場合のそれぞれのネコカン単価を計算してみると、

  • ネコカン50個:100ポイント(ネコカン@2円)
  • ネコカン160個:300ポイント(ネコカン@1.875円)
  • ネコカン500個:800ポイント(ネコカン@1.6円)
  • ネコカン1600個:2000ポイント(ネコカン@1.25円)

となります。

ちなみに、通常時に課金する際に一番ネコカン単価が安くなるのは、

  1. 100ランクアップ時 ネコカン160個:360円(ネコカン@2.25円)
  2. 超お得☆限定パック松 ネコカン4000個:9800円(ネコカン@2.45円)
  3. 通常時最大課金 ネコカン3900個:9800円(ネコカン@2.51円)

この3つ。

今回導入されたネコカン入手方法は、1ポイント=1円で考えた場合、どれも通常課金よりレートが良い事になりますね。

スポンサーリンク

ネコカン直接交換とゲーム内クレジット交換はどっちがお得?

あくまで、「各ポイント内で収まる形でネコカンを交換した場合を想定して」ですが、お得な順にGoogle Play Pointsの使い道を並べてみます。

  1. ネコカン1600個:2000ポイント(ネコカン@1.25円)
  2. 2400クレジット=ネコカン690個:960ポイント(ネコカン@1.391円)
  3. ネコカン500個:800ポイント(ネコカン@1.6円)
  4. ネコカン160個:300ポイント(ネコカン@1.875円)
  5. ネコカン50個:100ポイント(ネコカン@2円)
  6. 900クレジット=ネコカン180個+30個+60クレジット:450ポイント(ネコカン@2.14円+60クレジット余り)

2400クレジットは、2400円で690ネコカンを購入した場合を想定しています。

900クレジットは、丁度キリのいいネコカン購入方法がなかったので端数がでました。

ですが、この一覧内でもレート的には一番悪いので、選ばないほうがいいでしょうね。

スポンサーリンク

では、一番お得なのはネコカン1600個:2000ポイントなの?

実はやり方次第で更にお得になる可能性があります。

仮に2400クレジットを4回重ねて9600円分にした場合の消費ポイントは3840ポイントです。

これに200円足して9800円でネコカン3900個を購入した場合は、手出しの200円をレート1で考えて計算しても、

9600クレジット+200円=3840ポイント+200ポイント

9800円=ネコカン3900個=4040ポイント(ネコカン@1.0358円)

となり、一番お得になります。

ただ、実際にはそこまでポイントが溜まる事もないと思うので、溜まっているポイントをできるだけいいレートのネコカンに交換する、でいいと思います。

大抵は、

ネコカン160個:300ポイント(ネコカン@1.875円)

ネコカン50個:100ポイント(ネコカン@2円)

この辺になるでしょうね。

まぁ、でも、ネコカン500個:800ポイントで交換するなら、2400クレジット:960ポイントまで貯めた方がいいかな?

スポンサーリンク

クレジットやネコカンを交換した時の受け取り方

にゃんこ大戦争 Google Play Pointsで交換したアイテムの受け取りについて

にゃんこ大戦争のオプションでも解説が出ていますが、

・ネコカンを交換した場合:受信BOXから受け取る

・クレジットに交換した場合:ネコカン購入時に課金額からクレジット分割引される

こういう形になります。

スポンサーリンク

まとめ

Google Play Pointsはそもそも課金者へのオマケ的還元要素なので、普通に溜まったポイントをネコカンに交換するだけでも、レート的には全部お得になっています。

無課金の人でも、たまにアプリをダウンロードするだけでGoogle Play Pointsが貰えたりするので、それで貯めたポイントをネコカンに交換するのも一つの手です。

前述しましたが、Google Play Pointsについては、

課金者に朗報?! Google Play内コンテンツの課金にポイントが付与される様に! Googleが日本でのみ限定開始するGoogle Play Pointsについて
Google Playが決済額に応じてポイントを付与する新サービス“Google Play Points”を発表!ポイントを貯めれば『モンスト』のオーブとも引き替え可能 ファミ通の記事より というわけで、Googleが新たに日本のG...

この記事で解説しているので、よかったら覗いてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました