スマホの課金ガチャとパチンコの類似性 ギャンブル依存症の恐怖 PSO2esもガチャなのだ…紛うことなきガチャなのだ…。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

皆さんはパチンコとかしますか?

私はパチンコを普段はしないんですが、一度だけやった事はあります。

一万円だけ使って出たら出たでいいし、出なかったら出なかったでいいや、と思ってやってみました。

そして一時間もせずにその一万円は消えていきました。

この時

「なんじゃこりゃwもう二度とせんわw」

と心の底から思いました。

今思えば、その時ビギナーズラックとかで変に当ててしまわなくて本当に良かったと思うのですが。

最近、IR関連法案という法案が国会で成立しました。

マスコミは「カジノ法案」とかいう呼称で報道していましたが。

その中に「ギャンブル等依存症対策基本法」というのがあります。

菅官房長官もTVで言及していた法案ですね。

なんで菅官房長官がこれに言及していたかというと、この法案の

「ギャンブル等依存症対策推進本部」

の本部長が内閣官房長官だからです。

ガースーの肝入りですよ、えぇ。

ギャンブル規制、引いてはパチンコ規制には割と自分も期待していまして、

こういったツイートもしたりしてます。

更にそれを菅官房長官が中心になってやる、というからその期待も高まります。

で、自分はパチンコをやらないとは言えど、ふと気づく事がありまして。

それは冒頭にも書いていた

「スマホアプリの課金ガチャ」

これも短時間で相当なお金を持っていくよね、と。

かく言う自分も課金してます。

PSO2esに課金してます。

それで試しに今までいくら注ぎ込んだのかをGoogle Playの購入履歴から見てみたんですよ。

戦慄したね。

なんと、

総額178,500円

どう思います?これ?

2016年12月~2018年6月までとは言えど相当な金額。

19ヶ月で178500円なので一ヶ月あたり約9400円。

この金額の中には本家PSO2のプレミアムの課金も入っているので、毎月のその分を抜くとしてもガチャに毎月約8000円位かけてるって事に。

廃課金の人達から見たらカッスい金額なのかもしれませんが、パパの小遣いから考えたらそりゃ戦慄モノですたい。

全く興味ない人からしたら、

「一体何にそんなにお金かけてるの?」

ってなると思います。

こういうの↓

(昨年の夏の課金額が特に多いのはこのせい)



「いや、絵じゃん。」

うん、わかる。

「どう見たって、絵じゃん!!」

その主張、心の底からよくわかる。

「だが、それをわかっていても魔性のスイカに課金したかったのだ!!」

その時はそうだったのだ…。

いや、気づいたらお金がなくなってただけな気もす…ゲフン、ゲフン。

そして、それは今も後悔して…いないわけでもない。

なにせ、今年のメダルスクラッチ(無料でひける分)で昨年のチップ(最初の画像の)がかぶりまくっちゃったから。

で、改めて思ったのです。

「一旦落ちつこう。課金休んで落ちつこう。」

と。

そして冷静に考えて思いました。

「あれ?これパチンコやってるのとあまりかわんなくね?」

と。

確かに決定的に違う部分はあります。

パチンコは目的が換金された後の現金そのものなので、青天井。

つまり、玉が出ても出てもキリがなく、大当たりの為に回すなら終わりがありません。

(実際にはそんなに出る事はないわけですが。)

対してガチャは目的のものが出たら終わります。

設定された排出率はあれど、出さえすればそこで終われます。

すば運*すぎて10万課金しても出ない事もあるかもしれませんが。

それでも、PSO2esは数あるガチャの中でもまだ良心的な方かな。


すば運とは

PSO2本家の武器強化ショップにいる東方不敗ドゥドゥというキャラの

「すばらしく運がないな、君は」

という台詞から。

このキャラが武器強化成功確率9割超えの時などに強化失敗するとこの台詞を言うので、もうホントぬっころがしてやろうか高確率で成功するはずのものを失敗した時に言う。


確かに、基本的に目的のチップが出さえすれば終われるガチャはパチンコと違うと言えるかもしれません。

ですが、確率によって射幸心を煽る部分は同じな上、その確率もゲームによってはとんでもなく絞られているので、モノによってはパチンコより課金してしまう事もありえます。

そういう部分を考えるとパチンコと大して変わらないなぁと改めて思ったのです。

また、ガチャを回してる時(熱くなっている時)は冷静な判断が出来なくなっていたなぁと思いました。

そして、実際に目的のチップが出た時の高揚感が割と心地良かったりもする。

冷静な判断ができなくなる+当たった時の高揚感=依存症の入り口

これは実際にそうだと思います。

ある意味自分もガチャを通してパチンコに似た体験をしていたんですね。

実際に依存症になってしまったら本人一人だけでは到底抜け出せないというのも少しわかります。

だってお金がかかるとはいえど気軽に達成感と高揚感を得られるわけですから。

「気軽、容易で楽しい。」

そりゃ嵌りますよね。

でも、それは同時に家庭崩壊の危険性をはらんでいます

改めてこう書くとほんと怖いな。

やっぱり暫く課金休もう。

皆さんも課金は是非計画的に。

試しに今まで自分が課金した額を確認してみてもいいかもしれませんね、私みたいに。

おそらく戦慄くけど。

スポンサーリンク
スポンサーリンク