NBOXカスタム(JF3) フロントフロアデッドニング エンジン音と振動、ロードノイズが激減!エアコンの効きもUP?!

NBOXカスタム(JF3) フロントフロアデッドニング 運転席側制振材施工後車関係

こんにちは、執事です。

変わらず仕事が忙しい(´;ω;`)

今回は、

N-BOXカスタム(JF3)のリアゲートデッドニング 更なる車内全体のノイズ低減に効果あり
こんにちは、執事です。 やっぱり相変わらず仕事が忙しいで~ス(´;ω;`) 今回は、 前回やったリアラゲッジデッドニングの続きみたいな感じで、リアゲートのデッドニングです。 何とか夏になるまでに天井の遮熱&デ...

前回やったリアリアゲートのデッドニング後に天井のデッドニング&断熱を予定していましたが、やると2日くらいかかりそうだったので、フロントフロアに切り替えて作業を行いました。

スポンサーリンク

NBOX(JF3)のフロントフロアデッドニングの材料について

材料は前回のラストで購入したと書いた

車 断熱シート 150cm×100cm 断熱材 車用断熱マット アルミ箔 フォーム 吸音 車用 遮音材料 厚さ5mm
powerworks
防水と防油閉孔ポリエチレン発泡アルミニウム装飾面は自動車の最良の選択であり、powerworksは100%の接着層をあり、得られる最良の効果と断熱性を確保することができる。値段が安い!
iimono117 デッドニングシート 制振 吸音 600×50cm - スピーカー ドア 周辺 簡単 DIY 断熱マット吸音マット シート 自動車
iimono117 Bandiera
車外の騒音を遮断し、車内をより快適な温度で保つ デッドニングシートです。 600cm×50cmの大容量で、様々な箇所に十分に施工できます。 使いやすいシールタイプで施工をアシスト。

これらの材料を使っていきます。

施行にあたっての工具として

ZHUBANG デッドニング 遮音 車 ローラー デッドニング ローラー ステンレス製
ZHUBANG
【新しいタイプ】市場のデッドニングローラーにより、こちらの新しい商品を開発しました。(ローラー幅:3.3cm)
ToBeBold 内張り剥がし クリッププライヤ クリップクランプ ツール ドライバー型 プライヤ 型 パネルはがし 収納袋付き レッド
ToBeBold
材質特性:キズをつけにくい樹脂製ですが、クリップクランプツールの先端部分は金属製です。キズをつけにくい樹脂製ですがそれでも養生テープなどでキズを防止する事をお薦めします.

これらもほぼ必須です。

スポンサーリンク

NBOX(JF3)のフロントフロアデッドニング マット剥がし

施行の前段階として、フロントサイドカバーとキックガードを外して、シートを固定するボルトを覆うプラスチックカバーを外します。

全て手で外れるのでこの辺りは楽。

NBOXカスタム(JF3) フロントフロアデッドニング マット剥がし作業

センターボックスについては、

NBOXカスタム(JF3) フロントフロアデッドニング センターボックス取り外し

NBOXカスタム(JF3) フロントフロアデッドニング センターボックス取り外し 助手席側

これら2か所のクリップを取り外さないと外れません。

外すときは内張り剥がしの二股タイプを使いますが、外し方は、

NBOX カスタム(JF3)の カウルトップとワイパーも取り外してバルクヘッドをデッドニング(遮音、静音)する
こんばんは、執事です。 購入して以来、色々手を入れているNBOXカスタム(JF3)のカスタム。 今回は車内に入ってくるエンジン音の軽減の為、バルクヘッド(カウルトップ裏)のデッドニングを行いました。 NBOXカスタムはノー...

この時と同じです。

マットを剥がしたら発砲スチロールが出てくるのですが、そのままだとシートを一番後ろに下げても助手席側は外れません。

ですので、シートを固定するボルトを外して作業をする事をおススメします。

14mmのソケットで外れます。

角利 マルチクラフト ソケットレンチセット 21pcs MSR-21
角利産業(Kakuri Sangyo)
セット内容:9.5mm角ラチェットハンドル、ソケット9.5mm角(11・12・13・14・15・17・19mm)、ソケット6.35mm角(4・5・6・7・8・9・10mm)、エクステンションバー(75・150mm)、ソケットアダプター凹9.5mm×凸6.35mm、6.35mm角スピンナーハンドル、プラグソケット21mm

締める時は32N-m指定らしいので、あれば

角利 マルチクラフト トルクレンチセット 差込角12.7mm ソケット(ショート/14・17mm ロング/19・21mm) エクステンションバー125mm MTR-6
角利産業(Kakuri Sangyo)
セット内容:トルクレンチ本体、ショートソケット(14mm・17mm)、ロングソケット(19mm・21mm)、エクステンションバー125mm

トルクレンチを使って締めた方が良いと思います。

スポンサーリンク

NBOX(JF3)のフロントフロアデッドニング マットとフェルトの加工

今回のデッドニングにあたって、どうしてもマットとニードルフェルトの一部をカットしないと作業ができなかったので、カットした所も記載しておきます。

運転席側は、

NBOXカスタム(JF3) フロントフロアデッドニング 運転席側マットカット必要部

この赤丸内の青い線に沿ってカッターでニードルフェルトを切らないと作業ができません。

場所はセンターボックスの運転席側裏あたりです。

助手席側は、

NBOXカスタム(JF3) フロントフロアデッドニング 助手席側マットカット必要部

この部分。

場所は同じくセンターボックスの助手席側裏あたりです。

こちらはカットするのは茶色のマットだけでいけます。

スポンサーリンク

NBOX(JF3)のフロントフロアデッドニング 施工前

運転席側

NBOXカスタム(JF3) フロントフロアデッドニング 運転席側フロアパネル一部施工

片手で撮っているのでちょっと見にくいですが、もうちょっと上の方まで施工は可能です。

施工前と書いておきながらちょっと施工しちゃってますが。

助手席側

NBOXカスタム(JF3) フロントフロアデッドニング 助手席施工前

画像が縦長だったので横にしていますが、左側が前、右側がシート側になります。

運転席、助手席側共に前はほぼ鉄板ムキだしなのですが、シート足元付近は構造用接着剤が盛られていて、叩いてもあまり音が響きませんでした。

この下には耐衝突用の二股トラスフレームが入っていてそれを接着している部分だからかな?

なので、制振材は鉄板ムキだし部分をメインに施行して、断熱材は全体に施工する形でいきます。

スポンサーリンク

NBOX(JF3)のフロントフロアデッドニング 制振材施工

運転席側

NBOXカスタム(JF3) フロントフロアデッドニング 運転席側制振材施工後

運転席側はペダルがある為、ニードルフェルトがめくりにくく、貼り付ける際は手だけを突っ込んで作業する部分が出てきます。

断熱材を貼っている辺りがその部分です。

また、キックガード部分はケーブルやヒューズボックスがあり、手が入るサイズの穴も開いていないので、鉄板に制振材を貼るのはちょっと難しいです。

防音処理をやるならキックガードの裏面にシンサレートを貼る形になると思います。

 

助手席側

NBOXカスタム(JF3) フロントフロアデッドニング 助手席制振材施工後

助手席側は、ニードルフェルトがほぼ全部めくれるので作業はし易いです。

また、キックガード裏に大きめの穴があるので、奥に制振材も貼れます。

勿論キックガード裏にシンサレートを貼り付ける事も可能です。

スポンサーリンク

NBOX(JF3)のフロントフロアデッドニング 断熱材施工

運転席側

NBOXカスタム(JF3) フロントフロアデッドニング 運転席側断熱施工後

厚さ5mmなので、貼り付けた後に全てを戻しても殆ど浮きは発生しません。

左下の黒い樹脂パーツはセンターボックスから運転席シート下に配線を通す配管みたいなパーツなのですが、手で持ち上げれば簡単に浮くので、その下にも断熱施工可能です。

助手席側

NBOXカスタム(JF3) フロントフロアデッドニング 助手席断熱施工後

助手席側は特に何もないので大きめにカットして貼るだけでした。

多少の凸凹はあるものの、手で押さえれば綺麗に貼れます。

スポンサーリンク

仕上げにエーモン 静音計画 ロードノイズ低減マットの敷きなおし

作業を終えて元に戻す際に、

ロードノイズ対策 NBOXカスタム(JF3)にエーモン 静音計画 ロードノイズ低減マットを取り付ける
こんばんは、執事です。 エンジンルーム側、バルクヘッドをデッドニングし、 その後に風切り音防止テープでドアの遮音を施した事により ロードノイズが際立つ様になってしまったNBOX。 今回は、そのロードノ...

この時に敷いていた

エーモン 静音計画 ロードノイズ低減マット(M) 約480×450mm 2枚 2660
エーモン(amon)
高性能吸音材と遮音材の2層構造により、車のフロアマット、トランクマットなどの下に敷くだけでデッドイニング

このマットをマット下の発砲スチロール上に敷きなおしました。

NBOXカスタム(JF3) フロントフロアデッドニング 運転席側施工後 エーモン防音マット敷き直し

付属するマジックテープをマットから発砲スチロール上に貼り付けて動かない様に固定しています。

こうする事でノイズ低減マットがズレる様な事もなくなるので、できればこの様に敷くことをおススメします。

スポンサーリンク

まとめ

施工後に運転してみましたが、エンジン音と振動が激減してちょっと驚くレベルです。

タイヤハウスの裏面でもあるので、ロードノイズもかなり減少しました。

また、断熱施工もしたので、エアコンが効いた後に切っても直ぐに暑くなりにくくなっています。

夏場では冷気を維持し、冬場は暖かさを維持してくれるので、エアコンの強さを下げる事に繋がって、若干の燃費改善にも寄与しそうな感じです。

作業時間は4時間半位で、いままでの作業の中では一番長くかかりましたが、効果も抜群なのでやる価値は高いですね。

さて、次はいよいよルーフのデッドニングと断熱ですね。

車 断熱シート 150cm×100cm 断熱材 車用断熱マット アルミ箔 フォーム 吸音 車用 遮音材料 厚さ5mm
powerworks
防水と防油閉孔ポリエチレン発泡アルミニウム装飾面は自動車の最良の選択であり、powerworksは100%の接着層をあり、得られる最良の効果と断熱性を確保することができる。値段が安い!
iimono117 デッドニングシート 制振 吸音 600×50cm - スピーカー ドア 周辺 簡単 DIY 断熱マット吸音マット シート 自動車
iimono117 Bandiera
車外の騒音を遮断し、車内をより快適な温度で保つ デッドニングシートです。 600cm×50cmの大容量で、様々な箇所に十分に施工できます。 使いやすいシールタイプで施工をアシスト。

次の記事

NBOXカスタム(JF3) ルーフ(天井)デッドニング&断熱 夏場でも車内が暑くなりにくく、エアコンの効きもUP!雨音もほぼ聞こえず静音化効果も抜群!
こんにちは、執事です。 だんだん日中の暑さが堪える時期になってきました。 今回は、 前回までにやるやると言い続けてきたルーフ(天井)のデッドニングを遂に完了させたのでその記事です。 本格的に夏が来る前にどうし...

コメント

タイトルとURLをコピーしました