ネイティブアメリカンの言葉

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 4

ホピ族の長老マーティン・ガスウィスーマから日本人への伝言


神戸地震について、日本の人たちへ伝えたいこと マーティン・ガスウィスーマ (1995年1月18日) 日本で地震が起こり、たくさんの人たちが死んだ。
これは、わしらホピに伝えられてきた預言を思い起こさせる。
わしらの預言は、時から時へ、過去から未来へと起こる多くの出来事を教えている。

わしらの祖先は、こう伝えてきた。

「いつの日にか、何かのバランスが崩れると、悪いことが次から次へと起こり、大地と人々の命が破壊される」と。

わしらは長老たちから、そう教わった。

長老たちは、同じことが大昔(前の世界)に起こったことがあるので、再び繰り返されると知っていたのだ。

だからこそ、わしらホピは、大地と生命のために、その預言を世界中の人たちに伝え歩かねばならなかった。

 今、世界中の人々がバランスを失っている。

昔の生き方に戻らなければならない、と長老たちは言っていた。

そうすることがとても難しいことは、わしは知っている。

だが、バランスが大きく崩れると、地震、竜巻、病気の蔓延、飢餓、火山の爆発などさまざまな厄災がやってくる。
わしらは、自分たちの身も心も守らなければならない。

新しく、近代的なテクノロジーは確かに強い。

だが、その力でいつもコントロールできるとは限らない。

もしも事態が悪化すれば、なんの役にも立たなくなるだろう。
飢餓が来れば、大地から食べ物を得るのは難しくなるだろう。
すべてが汚染されているからだ。

そのために、わしらはたいへんな目にあう。

だから、何よりもバランスを取り戻さなければならん。

わしらは今、まるで自分で自分を滅ぼそうとしているようなものだ。

もしも、わしらがバランスを少しでも取り戻さなければ、すべてのことがますます悪化していくだろう。

人も動物も大地もすべてのものが滅んでいくだろう。

そして、戦争がやって来る。・・・ すべてはあなたたち次第なのだ。
自分自身と人々のために、大地や動物たち、地球のために、何かをするのだ。

わしらは皆、ひとつの地球の上にいる。 神戸の地震は終わっていない。

大地はまだ揺れている。 だからこそ、わしらは、大地や人々や動物や木々や草花を救わなければならない。

それを救うのは、あなた次第なのだ。

植物は、病気の治療のための薬として、わしらが使ってきた役立つものだ。
この地上のすべてのものが救われ、生き残ることは、わしらの願うところだが、すべての人が生き残ると いうわけにはいかないだろう。

地震や、あるいは竜巻、洪水、地球上に蔓延する病が人口を減らしていくだろう。
わしらは、今、紛れもなく危機に面している。

自分のことと、人々のことを考えるのだ。そして、生き残るためには、ともかく将来に向かって進むしかない。

あなたが信じようと信じまいと、わしらに伝えられた預言のすべてが現実のものとなっている。

長老から、これらの話を聞いたときには、わしは信じなかったが、今にして思えば、 すべてが、わしらの長老が伝えてきたとおりだ。

どうか、自分自身と他の人々のために、よく考えてほしい。ありがとう。

このことを話せて、嬉しく思う


>日本で地震が起こり、たくさんの人たちが死んだ。
>これは、わしらホピに伝えられてきた預言を思い起こさせる。 このお話があった時は、阪神淡路大震災の直後でした。
>「いつの日にか、何かのバランスが崩れると、悪いことが次から次へと起こり、大地と人々の命が破壊される」 この時には、今がその日だとは言われていません。
>今、世界中の人々がバランスを失っている。昔の生き方に戻らなければならない、と長老たちは言っていた。
私が以前の記事に書いた事、肉、魚をできるだけ避けて、もこれの一つです。 自らに近くて遠いものを食(お)べる、が吉です。 自分の生まれ育った場所から近く、自分(人間)の理から遠いものを食べる、の意です。

>そうすることがとても難しいことは、わしは知っている。
>だが、バランスが大きく崩れると、地震、竜巻、病気の蔓延、飢餓、火山の爆発などさまざまな厄災がやってくる。
変わる、変えるのが難しいのはわかります。 でも、今の世の中を見て、それを正常と思える人はそうはいないと思います。 おかしい、とわかっていてそれが治せない。 政治にせよ、倫理にせよ、理に背いているから、どれだけ頑張っても、苦しいままです。 根本が間違っているから、どこまでも治らない。

>わしらは、自分たちの身も心も守らなければならない。
守るのは身だけではありません。 心もちゃんと守らないといけないんです。 身と心のバランスです。 食事はその基礎になります。 ちなみに、心のバランスが極度に悪くなればなるほど「我善し」になっていきます。 金に執着していきます。
>新しく、近代的なテクノロジーは確かに強い。 だが、その力でいつもコントロールできるとは限らない。 もしも事態が悪化すれば、なんの役にも立たなくなるだろう。 
>飢餓が来れば、大地から食べ物を得るのは難しくなるだろう。
>すべてが汚染されているからだ。
>そのために、わしらはたいへんな目にあう。
2011年12月現在、まだそれは大きく目に見えてきていません。 でも、絶賛進行中です。 2013年くらいまでには、どんどんハッキリしてきます…。

>だから、何よりもバランスを取り戻さなければならん。
>わしらは今、まるで自分で自分を滅ぼそうとしているようなものだ。
>もしも、わしらがバランスを少しでも取り戻さなければ、すべてのことがますます悪化していくだろう。
>人も動物も大地もすべてのものが滅んでいくだろう。
自分達一人一人の生き方次第、という事です。 前回の記事のシフトについてですが、あれはまだ半分だけの話みたいです。 残り半分はわかりません、、というか、残りが半分なのかも、まだわからないんですが… 自分を殺すのは自分の心です。 でも、自分自身は永遠に自分の味方ですよ。
自分の心に憑いている「憑物」の方が問題。 人間の腹に巣食う憑物の力がデカくなると、そういう人が増えてくると、今の世の中みたいになっていきます。

>そして、戦争がやって来る。
>すべてはあなたたち次第なのだ。
>自分自身と人々のために、大地や動物たち、地球のために、何かをするのだ。 >わしらは皆、ひとつの地球の上にいる。
我善しはいけない、って、前にも、以前の記事でも書きましたね。

>神戸の地震は終わっていない。大地はまだ揺れている。
説明はいらないですね。 でも、、、まだなんですけどね。

>だからこそ、わしらは、大地や人々や動物や木々や草花を救わなければならない。
>それを救うのは、あなた次第なのだ。
>植物は、病気の治療のための薬として、わしらが使ってきた役立つものだ。 日本人は、松を食(お)べよ、だそうです。 松葉(赤松)の葉のお茶等は、脳の血流の病気に効くのだそうです。

>この地上のすべてのものが救われ、生き残ることは、わしらの願うところだが、すべての人が生き残ると いうわけにはいかないだろう。
>地震や、あるいは竜巻、洪水、地球上に蔓延する病が人口を減らしていくだろう。わしらは、今、紛れもなく危機に面している。

ミイミモチカトナノチスチミイミミトニミニノチノイカイ ノチミカラナノイミクチマニトニミミミニソクナナニ コラナトラナクチミカラナ チノナチスチニミ トニツナラノチ マニトニミカラカトナミチモニシイソクニノイニキチノチテチスナ

これは、その経過の中で起こる可能性がある事。

これが起こってしまうのを信じられないのも、仕方ないことです。

反面、これが起こってしまうかも、と感じている、知っている?

(起こるかどうかまでは知らないけど、その根拠となり得る事は知っている)

人達もいると思います。

でも、我々一人一人の生き方次第で、これも、大難が小難、小難が無難にまつりかわる可能性がまだあります。

起こる時期も、できる限り後ろにずらすことができるかもしれません。

だから、人の為に、明るく、楽しく、生き急がず、で。

>自分のことと、人々のことを考えるのだ。
自分を犠牲にして、他人を救う、というのは、今でも美談で語られるところでしょうが、それも違うみたいです。 自分が犠牲になって悲しむ人もいることを忘れてはいけません。 自分が気付かないだけで、色々な存在に思われながら生きてるんですよ、我々は。

>そして、生き残るためには、ともかく将来に向かって進むしかない。
>あなたが信じようと信じまいと、わしらに伝えられた預言のすべてが現実のものとなっている。
>長老から、これらの話を聞いたときには、わしは信じなかったが、今にして思えば、すべてが、わしらの長老が伝えてきたとおりだ。

このお話があった1995年1月18日の時点で、2011年現在のこの現状を予想できた日本人が果たして何人いたでしょうか。

これからも同じです。

2013年の日本人の状態を、2011年12月現在の我々が予想することは、というか、この言葉を信じて、それが起こるということを認識することは至難の業です。

起きてからしか、それを認識することは、我々人間にはできないんです。

肉体に縛られ、ず~っと昔のご先祖様のから続く因果、借銭をそれぞれ背負っているから。

だからこそ、日々生きていられる事を感謝できないと、、そのうち気の毒が起こってしまいます。

>どうか、自分自身と他の人々のために、よく考えてほしい。ありがとう。
>このことを話せて、嬉しく思う

同じく、何かの巡りあわせでこの記事を読んでくれた方々によく考えて頂ける事を願い、そして読んで下さったことに感謝します。

ミイミモチカトナノチスチミイミミトニミニノチノイカイ ノチミカラナノイミクチマニトニミミミニソクナナニ コラナトラナクチミカラナ チノナチスチニミ トニツナラノチ マニトニミカラカトナミチモニシイソクニノイニキチノチテチスナ

これが妄想として妄想のままで終わる事を心から願います。

気に入って頂けましたら、はてブを押してもらえると喜びます。ヽ(•̀ω•́ )ノ✧↓

follow us in feedly
このエントリーをはてなブックマークに追加
関連コンテンツ



スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
スポンサーリンク